HOME > ニュース >

エスペランサ・スポルディングの新アルバム『Emily’s D+Evolution』が日本でも発売に

2016/01/09 23:34掲載
Esperanza Spalding / Emily’s D+Evolution
Esperanza Spalding / Emily’s D+Evolution
女性ジャズ・ベーシスト/ヴォーカリスト、エスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding)の新アルバム『Emily’s D+Evolution』が日本でも発売に。日本盤も海外盤と同日の3月4日発売。リリース元はConcord Records/ユニバーサルミュージック。日本盤(SHM-CD仕様)には世界最多のボーナストラック3曲を収録します。

スタジオ・アルバムの発表は2012年の『Radio Music Society』以来。この作品は、エスペランサが2015年に新たに始動させたプロジェクト、エミリーズ・D+エヴォルーション(Emily’s D+Evolution)による作品。

自身のミドルネームである“エミリー”を冠し、誕生日の前の晩に見た夢の中に出てきたというキャラクター(=もうひとりの自分)を主人公として、人間の「進化(Evolution)」と「退化(Devolution)」を表現するミュージカルのようなコンセプト。ふたりのバック・コーラス〜ギター〜ドラムス、そしてエスペランサのベース&ヴォーカルというシンプルなバンド編成で、かつてなくロック、ポップ色の強いサウンドに仕上がっています。ヒップホップ/R&Bとの融合を打ち出すロバート・グラスパーとは違ったスタイルで、最新形のジャズを表現しています。

以下は以前に公開された音源・映像

「Good Lava」のミュージックビデオ


「One」


「One」のTVパフォーマンス映像
●『Emily’s D+Evolution』

1. Good Lava
2. Unconditional Love
3. Judas
4. Earth to Heaven
5. One
6. Rest in Pleasure
7. Ebony and Ivy
8. Noble Nobles
9. Farewell Dolly
10. Elevate or Operate
11. Funk the Fear
12. I Want It Now

[ボーナス・トラック]
13. チェンジ・アス
14. アンコンディショナル・ラヴ (別ヴァージョン)

[日本盤のみのボーナス・トラック]
15. タンビエン・デトロイト