HOME > ニュース >

パンク創世紀に結成された黒人3兄弟バンドDEATH、ドキュメンタリー『バンド・コールド・デス』が日本公開

2016/01/05 01:05掲載(Last Update:2016/01/05 01:41)
バンド・コールド・デス
バンド・コールド・デス
パンク創世紀の70年代に結成された黒人3兄弟によるバンド、DEATH。デトロイトに住む兄弟が作り出したサウンドと彼らのストーリーを紐解くドキュメンタリー『バンド・コールド・デス』が日本公開。1月16日(土) より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて、2月6日(土) より、大阪・シネ・リーブル梅田にて上映されます。

以下はトレーラー映像
●『バンド・コールド・デス(A Band Called Death)』
東京 - 1/16 (土) より ヒューマントラストシネマ渋谷にて
大阪 - 2/6 (土) より シネ・リーブル梅田にて

パンク創世紀に結成された黒人兄弟バンド、DEATH。 傑作を残した彼らに起こった30年越しの奇跡の物語。アメリカ全土を感動に包んだ極上-ロックドキュメンタリー。

○Los Angeles映画祭2012 ベストドキュメンタリー賞ノミネート
○SXSW映画祭 2013 オーディエンス賞受賞

監督:ジェフ・ハウレット、マーク・コビノ
出演:アリス・クーパー、ヘンリー・ロリンズ

<Death Introduction>

1970年代、黒人3兄弟のパンクバンド。 フィクションでも面白そうな設定だが、この物語りは全て実話。 元々ファンクバンドをしていたハクニー3兄弟だったが、アリス・クーパーのライブに圧倒され、攻撃的なサウンドに目覚める。モータウンが絶頂期だった70年代の中、黒人パンクというのは珍しかった。やっとの事で契約交渉までこぎ着けた3人だったが、「もうすこしポジティブなバンド名に改名してくれ。」と要求される。要求を断ったDeathはそのままリリースされる事はなかった。なぜ、そこまでバンド名にこだわったのか?そこには知られざる、父親からの教えが関係していた。

<The Sound>

Deathが奏でるプロトパンクはThe ClashのクールさとThe Whoのアグレッシブさを掛け合わせている。プロトパンク特有の、エッジーなドラム、グルーヴィーなベース、そしてナイフのように突き刺さるボーカルを持ち合わせている。だが、Deathの魅力はそれだけではない。当時のパンクバンドには少なかった、スローテンポの曲も洗礼されている。楽器隊は切なく、メロディーは優しい曲もあり、フォークブームだった70年代のアーティストたちを連想させられる。

<Family>

A Band Called Deathにおいて、家族愛は大きなテーマの一つである。家族の絆を昔から大事にしてきたハクニー家は、どんな困難でも家族と一緒に乗り換えていく。

<Directors>
☆ジェフ・ハウレット (Jeff Howlett)
フロリダ出身。主にアーティストのPVなどを手掛けるフィルムメイカー。元々ボビーの息子と友人関係にあったジェフは息子が父親のコピーバンドをやるからと誘われ、初めてデスの音楽に出会う。

☆マーク・コビノ (Mark Covino)
フロリダ出身。テレビ番組などドキュメンタリーを手掛けているフィルムメーカー。ヒストリーチャンネルで放送されているUFOドキュメンタリーや音楽ドキュメンタリーと幅広く活躍している。

<Cast>
アリス・クーパー
ヘンリー・ロリンズ
クエストラブ
イライジャ・ウッド
ヴァーノン・リード
ミッキー・レイ

<Quotes>

時代が追いつかなかったバンド:Jack White
笑い、涙し、ヘッドバングする:Huffington Post
ウソみたいな実話:Henry Rollins
パンクの前にいたパンク:?uestlove
迷いがない、真のロックンロール:Vernon Reid
The Ramonesが元祖と勘違いしていた:Mickey Leigh

☆公式サイト
https://akarifilms.co/a-band-called-death/

配給:Akari Films 2012年/アメリカ/96min
Copyright (c) 2015 Akari Films All Rights Reserved