HOME > ニュース >

NHK連続テレビ小説『マッサン』のスピンオフがNHK総合で12/31に再放送

2015/12/30 16:14掲載
マッサン スピンオフ
マッサン スピンオフ
NHK連続テレビ小説『マッサン』のスピンオフがNHK総合で12月31日(木)に再放送。前編「すみれの家出〜かわいい子には旅をさせよ〜」は午後2時〜、後編「たそがれ好子〜女三人寄れば姦(かしま)しい〜」は午後3時5分から。各60分

▼マッサン スピンオフ(前編)「すみれの家出〜かわいい子には旅をさせよ〜」
12月31日(木) 午後2:00〜午後3:00(60分) 【総合】
大正13年のある日、マッサン(玉山鉄二)の妹・すみれ(早見あかり)はなぜか大阪の食堂「こひのぼり」の前にいた。実は広島から家出をしてきたのだった。どうやら、広島ではすみれの見合い話が進んでいるらしいが、それだけが家出の理由ではないと感じた島爺(高橋元太郎)は、家出の本当の理由を教えて欲しいとすみれに懇願する。すみれは女学校時代の教師・山村信吾(須賀貴匡)に会うために大阪へやってきたのだった。

▼マッサン スピンオフ(後編)「たそがれ好子〜女三人寄れば姦(かしま)しい〜」
12月31日(木) 午後3:05〜午後4:05(60分) 【総合】
1938年のある日、好子(江口のりこ)と池田(前野朋哉)が突然マッサン(玉山鉄二)のもとにやってくる。なんと、二人は駆け落ちしてきたのだった。結局、留守中のエリーハウスで生活を始めることに。しかし、池田が思い描いた甘い生活はやってこないのであった。好子の暴走は、ハナ(小池栄子)やチエ(酒井若菜)を巻き込み、ふとした理由から女たちは男たちを家から追い出し家事をストライキする事態になって…。