HOME > ニュース >

ジェーン・バーキンの娘ルー・ドワイヨンが来日公演を2016年1月に開催

2015/11/18 18:42掲載
Lou Doillon
Lou Doillon
母は女優のジェーン・バーキン(Jane Birkin)、父は映画監督のジャック・ドワイヨン。アートの申し子というべきサラブレッド、ルー・ドワイヨン(Lou Doillon)が来日公演を2016年1月に開催。20日(水)21日(木)にブルーノート東京にて行われます。

<LOU DOILLON>
●2016 1.20 wed., 1.21 thu. ブルーノート東京

[1st]Open5:30pm Start7:00pm
[2nd]Open8:45pm Start9:30pm

[MEMBER]
Lou Doillon(vo)
他メンバー未定

[MUSIC CHARGE]
¥7,800(税込)
 
母は女優のジェーン・バーキン、父は映画監督のジャック・ドワイヨン。アートの申し子というべきサラブレッド、ルー・ドワイヨンが初登場を果たす。5歳の時、アニエス・ヴァルダ監督の『カンフー・マスター!』(‘88年)で母ジェーンの娘役として映画デビューを果たし、2012年にファースト・アルバム『Places』を発表。30万枚を超える売り上げを記録し、作詞・作曲の才能も注目された。フランス、北米やヨーロッパを廻るツアーを経て、2015年12月には2作目のオリジナル・アルバム『Lay Low』を国内リリース。カナダの鬼才、テイラー・カークが制作に大きく関わり、よりスケールの大きな音楽世界が展開されている。そんな彼女の、待ちに待った来日ライヴ。ワン&オンリーのディープ・ヴォイスを、手の届くような距離で味わいたい。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/lou-doillon/