HOME > ニュース >

パリ同時テロ現場のコンサート会場、U2が献花&自らピアノを持ち込んだ男性が「Imagine」を演奏

2015/11/15 22:11掲載
Pianist Cover John Lennon’s ‘Imagine’ Outside Targeted Paris Concert Venue
Pianist Cover John Lennon’s ‘Imagine’ Outside Targeted Paris Concert Venue
パリで起きた同時テロ事件の現場の一つとなったコンサートホール「バタクラン(Bataclan)」にU2のメンバーが訪れ、犠牲者を悼み花を供えています。映像あり。またこの日、バタクランの前には匿名の男性が自転車でピアノを自ら持ちこみ、ジョン・レノンの「Imagine」を演奏する出来事も起きています。こちらも映像あり。

事件当時このコンサートホールでは米ロックバンド、イーグルス・オブ・デス・メタルのコンサートが行われていました。メンバーは無事でしたが、80人以上が犠牲になっています。そのなかには、バンドのマーチャンダイズ・スタッフのニック・アレキサンダー、フランスのマーキュリー・レコードで海外部門を担当したトーマス・アヤド、音楽ジャーナリストのGuillaume B. Decherfも含まれています。亡くなったニック・アレキサンダーはブラーのデーモン・アルバーンとも友人で、デーモンは追悼メッセージを発表しています。