HOME > ニュース >

坂本龍一総合監修による音楽全集シリーズ『commmons: schola』 第15巻のテーマは「20世紀の音楽II〜1945年から現在まで」

2015/10/15 15:41掲載
commmons: schola vol. 15 Ryuichi Sakamoto & Dai Fujikura Selections: Music of the 20th century II - 1945 to present
commmons: schola vol. 15 Ryuichi Sakamoto & Dai Fujikura Selections: Music of the 20th century II - 1945 to present
坂本龍一総合監修による音楽全集シリーズ『commmons: schola(コモンズ・スコラ)』。第15巻『commmons: schola vol. 15 Ryuichi Sakamoto & Dai Fujikura Selections: Music of the 20th century II - 1945 to present』が12月16日発売予定。今回のテーマは「20世紀の音楽II〜1945年から現在まで / Music of the 20th century II - 1945 to present」。

以下、commmonsmartのインフォメーションより

「現代音楽」とは何か?何となくイメージは浮かんでも、その本来の魅力はあまり知られていないかもしれません。

最新作となるschola第15巻では、ロンドンを拠点に国際的な活躍を続ける作曲家・藤倉大を共選者に招き、第二次世界大戦の後、1945年以降に書かれた音楽を紹介します。

小沼純一、浅田彰、岡田暁生の豪華レギュラー陣を交えた座談会、各分野の専門家による解説も充実。他では聴くことのできない、坂本龍一の耳を通した「現代音楽」をぜひお楽しみください。

http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=153141&categ_id=572501
■『commmons: schola vol. 15 Ryuichi Sakamoto & Dai Fujikura Selections: Music of the 20th century II - 1945 to present』

【収録内容】
●ジャチント・シェルシ: 独奏チェロのための《イグール》〜第2楽章 回想
●アンリ・デュティユー: 《メタボール》〜第2楽章 線的な
●ピエール・ブーレーズ: ピアノのための《12のノタシオン》〜第4番 リズミーク
●ジェルジュ・クルターク: 《リガトゥーラ - フランセス=マリーへのメッセージ(答えのない質問の答え)》作品31b
●カールハインツ・シュトックハウゼン: 《7つの日より》〜第2曲 アンサンブルのための「無限に」
●ヘルムート・ラッヘンマン: トッカティーナ〜独奏ヴァイオリンのための練習曲
●ジェラール・グリゼー: コントラバス・クラリネットのための《アヌビス=ヌート》〜第2部 ヌート
●サルヴァトーレ・シャリーノ: 独奏ヴァイオリンのための《6つのカプリッチョ》〜第1番 ヴィヴァーチェ
●ファウスト・ロミテッリ: アンプリファイド・ペッツォルト・コントラバス・リコーダーのための《シースケープ》
●ブルーノ・マントヴァーニ: 独奏クラリネットのための《バグ》
・他、全16曲収録予定