HOME > ニュース >

エリック・クラプトンのコンサート・フィルム『Live at the Royal Albert Hall』 日本での上映劇場が明らかに

2015/09/29 23:29掲載(Last Update:2015/10/17 04:46)
Eric Clapton / Slowhand At 70 Live At The Royal Albert Hall [Blu-ray]
Eric Clapton / Slowhand At 70 Live At The Royal Albert Hall [Blu-ray]
エリック・クラプトン(Eric Clapton)が今年行った生誕70年を祝う記念コンサートの模様を収めたコンサート・フィルム『Eric Clapton: Live at the Royal Albert Hall』。日本での上映劇場が明らかに。本作は10月24日より全国ロードショー(一部は10/26公開)。

<上映劇場>
北海道:札幌市:ディノスシネマズ札幌劇場:011-221-3802
福島県:福島市:イオンシネマ 福島:024-533-0740
東京都:新宿区:新宿バルト9 ※10/26公開:03-5369-4955
東京都:板橋区:イオンシネマ 板橋:03-3937-1551
東京都:立川市:立川シネマシティ:042-525-1251
神奈川県:横浜市:横浜ブルク13:045-222-6222
千葉県:千葉市:T・ジョイ蘇我:043-209-3377
新潟県:新潟市:イオンシネマ 新潟西:025-230-8787
静岡県:静岡市:静岡東宝会館:054-252-3887
愛知県:名古屋市:イオンシネマ名古屋茶屋:052-309-4610
岐阜県:各務原市:イオンシネマ 各務原:058-380-7077
三重県:津市:イオンシネマ 津:059-224-8689
石川県:金沢市:金沢コロナシネマワールド:076-266-5757
大阪府:大阪市:梅田ブルク7:06-4795-7602
大阪府:四條畷市:イオンシネマ四条畷: 準備中
京都府:京都市:イオンシネマ京都桂川:075-925-0075
兵庫県:神戸市:OSシネマズ神戸ハーバーランド:078-360-3788
岡山県:岡山市:イオンシネマ 岡山:086-235-0139
広島県:広島市:イオンシネマ 広島:082-261-1310
香川県:高松市:イオンシネマ 高松東:087-822-0505
福岡県:福岡市:T・ジョイ博多:092-413-5333
福岡県:久留米市:T・ジョイ久留米:0942-41-8250
熊本県:上益城郡:イオンシネマ 熊本:096-235-7707
宮崎県:宮崎市:セントラルシネマ宮崎:0985-23-2336
沖縄県:中頭郡:ミハマ7プレックス:098-936-7600

以下、インフォメーションより

2015年3月30日、70歳の誕生日を迎えたギターの神様、エリック・クラプトン。この『エリック・クラプトン:ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール』は今年5月21日、ロンドンの “ロイヤル・アルバート・ホール”で行われた、70歳記念コンサートの忘れがたい一夜をおさめた貴重なフィルムだ。50年という長きに渡って音楽シーンのトップを走り続けてきたクラプトンの集大成ともいえる、魅惑のライヴが展開していく――。

数々の名ステージを生み出してきた、ロイヤル・アルバート・ホール。伝統あるこのホールは彼の心の中で大きな位置を占める場所のひとつで、クラプトンはロイヤル・アルバート・ホールで200回を超える公演を行った、唯一のアーティストなのだ。
このライヴでは、“クリーム”、“デレク&ザ・ドミノス”時代から、彼の30年に及ぶソロキャリアに渡って彼をインスパイアし続けてきた天才ブルースギタリスト、ロバート・ジョンソンのナンバーまで、クラプトンの音楽人生のすべての側面がおさめられている。

ライヴは煙たいブルース・クラブを思わせるセットを舞台にゆったりと幕を開け、『いとしのレイラ』、『アイ・ショット・ザ・シェリフ』、『ティアーズ・イン・ヘブン』、『ワンダフル・トゥナイト』など、彼のキャリアを決定づけてきたヒット曲が次々と奏でられていく。クラプトンとバンドは、ロイヤル・アルバート・ホールを濃密な音で満たし、観客を立ち上がらせる。そして、名曲『クロスロード』『コカイン』が待ち受ける、壮大なフィナーレへと向かっていく。
クラプトンをサポートするのは、ポール・キャラック、スティーヴ・ガッド、クリス・ステイントン、アンディ・フェアウェザー・ロウ、ネイザン・イーストなどいずれも名高いミュージシャンばかり!

ライヴ映像のほかに、劇場向けのスペシャル映像も必見だ。ポール・キャラック、アンディ・フェアウェザー・ロウ、ヒュー・フィルダー、ポール・セクストンらのインタビューを収録。この特別映像は、“表現者”としてのエリック・クラプトンについて深い洞察をもたらすと共に、なぜロイヤル・アルバート・ホールが、この長きに渡って彼の心の特別な部分を占めてきたかを理解する手がかりになるはずだ。

世界で最も偉大なロック・ギタリスト、エリック・クラプトン。その音楽人生が凝縮された、まさに記憶に残すべき一夜の記録が今、不朽の映像となって世界に届けられる――!

●『ERIC CLAPTON / エリック・クラプトン Live at the Royal Albert Hall | Slowhand at 70』
10月24日(土)より全国ロードショー
料金:
【ムビチケ/全国共通前売鑑賞券】 2,000円(税込)
【劇場販売】2,200円

配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://liveviewing.jp/contents/clapton/



この作品を収めたDVD/Blu-ray『Slowhand At 70 Live At The Royal Albert Hall』は日本で11月4日に発売される予定。通常盤に加え、この公演の音源を収めたCD2枚、そして2010年のプリンス・トラスト等の過去DVD化されていないレア映像も収録したロイヤル・アルバート・ホール公演ライヴベストセレクションのボーナスDVDも付属した初回生産限定盤もあり。さらに初回生産限定盤の内容に同公演ツアーTシャツ復刻版を同梱したスペシャルBOX仕様(2000セット限定)も発売されます。海外盤は11月13日発売予定。

この作品は5月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたコンサートの模様を収めた作品。当日は三部構成で、一部と三部はエレクトリック・セット、二部ではシッティング・アコースティック・セットを行っています。

DVD/Blu-rayには、ライヴ本編のほか、ボーナス映像として16分を超える「リトル・クイーン・オブ・スペード」も追加収録されます。

初回生産限定盤/スペシャルBOXにカップリングされるボーナスディスク(DVD)には、50年を越えるクラプトンの音楽史の中からロイヤル・アルバート・ホールで行われた数々の代表的な公演が収録。歴代公演のダイジェストが10曲収録されており、日本盤にはボーナス映像2曲も追加されます

以下は以前に公開された映像

「Cocaine」


または


トレーラー映像




●『Slowhand At 70 Live At The Royal Albert Hall』

【Blu-ray/DVD収録予定曲】
1.サムバディズ・ノッキン・オン・マイ・ドア
2.キー・トゥ・ザ・ハイウェイ
3.テル・ザ・トゥルース
4.プリテンディング
5.フーチー・クーチー・マン
6.ユー・アー・ソー・ビューティフル
7.キャント・ファインド・マイ・ウェイ・ホーム
8.アイ・ショット・ザ・シェリフ
9.ドリフティン・ブルース
10.ノーバディ・ノウズ・ユー・ウェン・ユア・ダウン・アンド・アウト
11.ティアーズ・イン・ヘヴン
12.レイラ
13.レット・イット・レイン
14.ワンダフル・トゥナイト
15.クロスローズ
16.コカイン
17.ハイ・タイム・ウィ・ウェント

-ボーナス映像-
・リトル・クイーン・オブ・スペイズ

《2015年5月 イギリス/ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール公演収録》

【CD収録予定曲】
-ディスク1-
1. サムバディズ・ノッキン・オン・マイ・ドア
2.キー・トゥ・ザ・ハイウェイ
3.テル・ザ・トゥルース
4.プリテンディング
5.フーチー・クーチー・マン
6.ユー・アー・ソー・ビューティフル
7.キャント・ファインド・マイ・ウェイ・ホーム
8.アイ・ショット・ザ・シェリフ

-ディスク2-
1.ドリフティン・ブルース
2.ノーバディ・ノウズ・ユー・ウェン・ユア・ダウン・アンド・アウト
3.ティアーズ・イン・ヘヴン
4.レイラ
5.レット・イット・レイン
6.ワンダフル・トゥナイト
7.クロスローズ
8.リトル・クイーン・オブ・スペイズ
9.コカイン
10.ハイ・タイム・ウィ・ウェント

【ボーナスDVD収録予定曲】
『205ナイツ - エリック・クラプトン・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホーツ 1968 to 2015』
1.ポリティシャン[1968年 クリーム・フェアウェル・ツアー]
2.アイム・ソー・グラッド[1968年 クリーム・フェアウェル・ツアー]
3.ホワイトルーム[1990年 ジャーニーマン・ワールド・ツアー]
4.ウォーリード・ライフ・ブルース[1990年 ジャーニーマン・ワールド・ツアー]
5.サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ[1990年 ジャーニーマン・ワールド・ツアー]
6.ヘイ・マン[2004年 ユナイテッド・ネイションズ ベネフィット・コンサート]
7.スプーンフル[2005年 クリーム再結成コンサート】
8.ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン[2005年 クリーム再結成コンサート】
9.アウトサイド・ウーマン・ブルース[2005年 クリーム再結成コンサート】
10.アイ・ゴッド・ザ・セイム・オールド・ブルース[2010年 プリンス・トラスト ベネフィット・コンサート]

-ボーナス映像(日本版限定)-
・ステッピン・アウト[1968年 クリーム・フェアウェル・ツアー]
・ランニング・オブ・フェイス[1990年 ジャーニーマン・ワールド・ツアー]