HOME > ニュース >

ロジャー・ウォーターズが「What God Wants, Part 1」のミュージックビデオ(新Ver)を公開、ジェフ・ベックも登場

2015/07/21 23:19掲載(Last Update:2015/07/22 17:05)
Roger Waters / Amused To Death [2015 edition]
Roger Waters / Amused To Death [2015 edition]
ピンク・フロイド(Pink Floyd)ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)が「What God Wants, Part 1」のミュージック・ビデオ(新ヴァージョン)を公開。この曲は1992年のソロ・アルバム『Amused To Death(邦題:死滅遊戯)』に収録。同作が最新リマスタリングを施した2015年エディションで再発されることにあわせて新ヴァージョンのミュージック・ビデオが制作されています。ビデオにはオリジナルと同様にジェフ・ベック(Jeff Beck)も登場。新ヴァージョンにはオリジナル・ヴァージョンに使われていないカットも登場します



以下はオリジナルVer



2015年エディションの日本盤は8月5日リリース。発売元はソニーレコーズ インターナショナル。日本ではBlu-spec CD2+Blu-ray仕様の完全生産限定盤、Blu-spec CD2仕様のスタンダード・ヴァージョン、SACD Blu-spec CD2仕様が発売されます。

海外盤は7月24日発売予定。CD版のほか、5.1サラウンド・ミックスを収めたBlu-ray audio付きCD+ Blu-rayエディション、200グラム重量盤のアナログ・レコード版、ピクチャーディスク仕様のアナログ・レコード版、SACD版があり。

2015年エディションでは、長年に渡ってフロイドや各メンバーのソロを手掛けてきたジェームズ・ガスリーが現在最高峰の録音技術を駆使し、オリジナル・マスター・テープから再リミックスを行っています。

SACDとBlu-ray Audioでは5.1chサラウンド・ミックスで立体音響を再現。さらに日本盤のみBSCD2仕様が許諾され、特にSACDは日本初の「SACD(Blu-spec CD2仕様)」としてのリリースです。

アートワークはウォーターズが2010年から2013年にかけて行った<The Wall Live>ツアーのディレクターを務めたショーン・エヴァンスが新たに手がけたものへと変更されています。
●『Amused To Death』

1. The Ballad of Bill Hubbard
2. What God Wants, Part I
3. Perfect Sense, Part I
4. Perfect Sense, Part II
5. The Bravery of Being Out of Range
6. Late Home Tonight, Part I
7. Late Home Tonight, Part II
8. Too Much Rope
9. What God Wants, Part II
10. What God Wants, Part III
11. Watching TV
12. Three Wishes
13. It's a Miracle
14. Amused to Death

[邦題曲名]

1. ビル・ヒュバードのバラード
2. 神話、パート I
3. 完全真理、パート I
4. 完全真理、パート II
5. 勇気ある撤退
6. レイト・ホーム・トゥナイト、パート I
7. レイト・ホーム・トゥナイト、パート II
8. トゥー・マッチ・ロープ
9. 神話、パート II
10. 神話、パート III
11. ウォッチング・TV
12. 三つの望み
13. 奇蹟
14. 死滅遊戯