HOME > ニュース >

ブラザーズ・ジョンソンのルイス・ジョンソンが死去

2015/05/23 01:09掲載(Last Update:2015/05/28 13:51)
Louis Johnson
Louis Johnson
サイトSoulTracksやThe Boomboxによれば、兄弟ファンク・グループ、ブラザーズ・ジョンソン(The Brothers Johnson)のベーシスト、ルイス・ジョンソン(Louis Johnson)が5月21日に死去。詳しい死因は現状、明らかにされていません。60歳でした。

レニー・クラヴィッツ、ブーツィー・コリンズ、クエストラヴが追悼メッセージを発表しています










以下、wikipediaより
ルイス・ジョンソン(Louis Johnson、1955年4月13日 - 、ロサンゼルス出身)はアメリカのミュージシャン。ザ・ブラザーズ・ジョンソンのメンバーとして、またセッションミュージシャンとして1970年代、1980年代の数々のヒットアルバム(世界一売れたアルバム『スリラー』もその1つ)に参加している。彼の特徴あるサウンドは、レオ・フェンダーが彼のために作り出したミュージックマン・スティングレイとスラップ奏法から生み出される。
彼は多くのアーティストのよく知られたレコードに参加している。マイケル・ジャクソンのアルバム『オフ・ザ・ウォール』、『スリラー』、『デンジャラス』そしてヒット曲「ビリー・ジーン」と「今夜はドント・ストップ」。ジョージ・ベンソンのアルバム『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』にも参加している。また、ハーブ・アルパートの1979年のアルバム『ライズ』に参加した3人のベーシストの1人である。
彼は驚異のテクニックから「サンダー・サム(嵐の親指)」とあだ名された。スラップベーシストはあだ名が付けられることが多いが、ジョンソンはその先駆けである。彼の奏法はラリー・グラハムにより主流となり、この二人がスラップベースの祖父と言われている。
彼の特に卓越したスラップベースはスタンリー・クラークのアルバム『タイム・エクスポージャー』、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの「ハイドラ (Hydra)」、ジョージ・デュークの『ガーディアン・オブ・ザ・ライト』、『シーフ・イン・ザ・ナイト』、ジェフリー・オズボーンの『ジェフリー・オズボーン』、『ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト』等で聴ける。
アール・クルーの「キコ」では特にすばらしいサム・プレイが聴ける。この曲ではプラッキングは一切使わず、右手親指でのスラッピングによるカウンター・ポイントと左手中指でのミュートテクニックによるカウンター・ポイントで、複雑でファンキーなベースラインを生み出している。このドラムのようなパーカッシヴなサウンドにベースの音を乗せるテクニックは「スラップ・チョーク」と呼ばれた。
彼のスタイルはプラッキングとサムピング、そして独特なファンキーサウンドを奏でるミュージックマン・スティングレイとの組み合わせにより生み出されたものである。