HOME > ニュース >

ジョニー・サンダース『In Cold Blood』、デラックスエディションが発売

2015/04/28 16:02掲載
Johnny Thunders / In Cold Blood
Johnny Thunders / In Cold Blood
ニューヨーク・ドールズ(New York Dolls)ハートブレイカーズ(Heartbreakers)で知られる、ニューヨーク・パンクを代表するミュージシャンのひとり、ジョニー・サンダース(Johnny Thunders)。83年にリリースしたアルバム『In Cold Blood』を新たにリマスター&レストアし拡大版デラックスエディションとしてリイシュー。海外で6月15日、日本で6月25日に発売されます。日本でのリリース元はMSI(ミュージック・シーン)

以下、メーカーインフォより

ジョニー・サンダースが1983年に発表したスタジオ録音とライヴからなる2枚組LPをレストアし拡大版としてリイシュー! ディスク1にはオリジナルLPでは1枚目(5曲収録)にあたるジミー・ミラーのプロデュースのもと行われた3回のスタジオ・セッションからの10曲に加え、82年1月に収録された「ハート・ミー」「サッド・ヴァケイション」などのアコースティック・セッション7曲、ニューヨークで録音された「ギヴ・ミー・モア」を含む18曲を収録。ディスク2にはこれまで収録されていた82年8月6日のケンブリッジでのライヴではなく、ニューヨーク・ドールズ、ハートブレイカーズのジェリー・ノーラン(ds)、ジェネレーションXのトニー・ジェイムス(b)、リッチ・キッズのスティーヴ・ニュー(g)との82年6月3日、ロンドンのマーキー・クラブでのライヴ19曲を収録。ディスク2のライヴの音質には問題があるものの、当時のジョニー・サンダースの健康状態や発表の経緯から毀誉褒貶が激しいアルバムでしたが、これぞ決定版とも言える内容となっています! *ディスク2のライヴの音質はよくありませんので、予めご了承ください。
●『In Cold Blood』

[Disc 1]
1. Green Onions
2. Diary Of A Lover
3. Look In My Eyes
4. In Cold Blood
5. Just Another Girl
6. Endless Party
7. Who Do Voodoo
8. In Cold Blood
9. Just Another Girl
10. Diary Of A Lover
11. You Can’t Put Your Arms Around A Memory
12. She’s So Untouchable
13. Ask Me No Questions
14. Hurt Me
15. Sad Vacation / It’s Not Enough
16. Some Hearts
17. Subway Train / I’m A Boy I’m A Girl
18. Give Me More

*1-10 Produced by Jimmy Miller
*1-3 Euphoria Sound Studios March 1982 Revere Mass
*4-6 Downtown Recorders Boston Mass October 1982
*6 Unreleased on CD
*7-10 Chelsea studios New York 1982
*11-17 Acoustic Session Revere Sound Studio January 1982
*18 New York 1982

[DISC 2: Live At The Marquee Club 3rd June 1982]

1. Pipeline
2. In Cold Blood
3. Too Much Junkie Business
4. I Love You
5. Green Onions
6. These Boots Are Made For Walking
7. Sad Vacation
8. Just Another Girl
9. Five To One
10. Great Big Kiss
11. Just Because I’m White
12. Chinese Rocks
13. Jet Boy
14. Pipeline
15. Miscellaneous Ad Lib
16. You Can’t Put Your Arms Around A Memory
17. Alone In A Crowd
18. London Boys
19. Be-Bop-A-Lula

*Johnny Thunders Gtr & Vox Jerry Nolan Drums, Tony James Bass , Steve New Guitar