HOME > ニュース >

ヴァン・モリソンが新アルバム『Duets: Re-Working the Catalogue』を3月発売、マイケル・ブーブレ参加の「Real Real Gone」が試聴可

2015/02/17 23:28掲載(Last Update:2015/02/18 04:03)
このニュースの他の関連写真
Van Morrison / Duets: Re-Working the Catalogue
ヴァン・モリソン(Van Morrison)が新スタジオ・アルバム『Duets: Re-Working the Catalogue』を海外で3月24日発売。リリース元はRCA records。

スタジオ・アルバムの発表は2012年の『Born to Sing: No Plan B』以来。アルバム・タイトルにもあるように、過去に発表した楽曲をさまざまなゲスト・ミュージシャンを迎えてリ・ワークした音源を収録。良く知られた楽曲をあえて避け、ディープなトラックをセレクトした全16曲が収められます。現在、マイケル・ブーブレ(Michael Buble)を迎えた「Real Real Gone」の新ヴァージョンが聴けます。

ゲストにはこのほか、故ボビー・ウーマック(Bobby Womack)ナタリー・コール(Natalie Cole)スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)ジョージ・ベンソン(George Benson)、シンプリー・レッドのミック・ハックネル(Mick Hucknall)マーク・ノップラー(Mark Knopfler)らも参加しているようです。

以下のURLのページで聴けます
http://www.huffingtonpost.com/2015/02/17/van-morrison-real-real-gone-michael-buble_n_6694102.html

以下でも近々聴ける予定です

●『Duets: Re-Working the Catalogue』

1. Some Peace of Mind (ft. Bobby Womack)
2. Lord, If I Ever Needed Someone (ft. Mavis Staples)
3. Higher Than the World (ft. George Benson)
4. Wild Honey (ft. Joss Stone)
5. Whatever Happened to P.J. Proby? (ft. P.J. Proby)
6. Carrying a Torch (ft. Clare Teal)
7. The Eternal Kansas City (ft. Gregory Porter)
8. Streets of Arklow (ft. Mick Hucknall)
9. These Are the Days (ft. Natalie Cole)
10. Get On with the Show (ft. Georgie Fame)
11. Rough God Goes Riding (ft. Shana Morrison)
12. Fire in the Belly (ft. Steve Winwood)
13. Born to Sing (ft. Chris Farlowe)
14. Irish Heartbeat (ft. Mark Knopfler)
15. Real Real Gone (ft. Michael Bublé)
16. How Can a Poor Boy (ft. Taj Mahal) released on Keep It Simple, 2008)