HOME > ニュース >

TOTO 復活後初&9年ぶりの新スタジオ・アルバム『TOTO XIV』が日本でも発売に

2015/01/09 11:29掲載(Last Update:2015/01/19 18:34)
TOTO / TOTO XIV
TOTO / TOTO XIV
TOTOの復活後初となる新スタジオ・アルバム『TOTO XIV』が日本でも発売に。国内盤は『TOTO XIV 〜聖剣の絆』の邦題で3月18日発売。日本では通常CD盤に加えて、独自仕様となる初回限定生産紙ジャケット仕様、そしてオリジナルTシャツ(Lサイズ)を封入した初回限定生産スペシャルBOXの3形態が発売されます。いずれもBlu-spec CD2仕様で日本盤ボーナス・トラック付き。発売元はキングレコード。海外は英国で3月20日、米国で3月24日に発売。リリース元はFrontiers Records。

スタジオ・アルバムの発表は2006年の『Falling in Between』以来、9年ぶり。共同プロデューサーにはCJ Vanston(Prince, Ringo Starr, Bob Seger, Richard Marx, Tina Turner, Joe Cocker)を起用。全11曲入り。メンバーのコメントによれば“『TOTO IV』の後に続くような『TOTO V』とでも言うべき作品”に仕上がっているようです。

海外では、通常CD盤に加え、2LP盤、アルバム・メイキング・ドキュメンタリー映像を収めたDVDやメンバー・インタビューなどを掲載したブックレット付きデラックス・エディション、そして、そのCD、DVD、LPに、Tシャツや特製ポスターなどを追加したスーパー・デラックス・エディションも発売されます。

以下、プレスリリースより

TOTOはスティーヴ・ルカサー(G)、デヴィッド・ペイチ(Key,Vo)という伝説的なプレーヤーが在籍、これまでに日本武道館を始めとする来日公演も多数行っているスーパー・グループであり、本作はジョセフ・ウィリアムズ(Vo)
キース・カーロック(Ds)など、昨年春に行った来日公演にも参加したメンバーがレコーディングに参加している。また、1979年のデビュー作からグラミー賞を獲得した4作目まで、バンドに在籍していたオリジナル・メンバーのデヴィッド・ハンゲイト(B)も本作のレコーディングに参加している!!


以下は以前に公開された映像

プロモ映像(EPK)
【レコーディング・メンバー】:
スティーヴ・ルカサー(G, B, Vo)
デヴィッド・ペイチ(Key, Vo)
スティーヴ・ポーカロ(Key)
ジョセフ・ウィリアムズ(Vo)
デビッド・ハンゲイト(B)
キース・カーロック(Ds)


●『TOTO XIV』

1. Running Out Of Time
2. Burn
3. Holy War
4. 21st Century Blues
5. Orphan
6. Unknown Soldier (For Jeffrey)
7. The Little Things
8. Chinatown
9. All The Tears That Shine
10. Fortune
11. Great Expectations

12. BEND*
*日本盤ボーナス・トラック