HOME > ニュース >

ブラック・サバスのトニー・アイオミ、病気発表後初のメッセージをバンドの公式サイトに掲載

2012/01/13 15:46掲載
先日、早期の悪性リンパ腫を患っていると発表したブラック・サバストニー・アイオミが、バンドの公式サイトに病気発表後、初のメッセージを掲載。ファンや友人、バンド関係者に感謝を述べています。

「皆から寄せられるメッセージに胸がいっぱいだ。この病気は私がクリスマスに望んだものじゃないが、私が前に進むのを止めるわけではない。今後もアルバムに取り組むことができるよう、彼らが英国に戻ってくるのは本当に良いことだ。皆さんに神の恵みを」といった内容を述べています。

バンドは、プロデューサーのリック・ルービンとともにLAで新作のレコーディングを行なっていましたが、今回の件を受け、ロンドンに場所を移しアイオミと作業を続けていく予定です。