HOME > ニュース >

MR.BIGのドラマー、パット・トーピーがパーキンソン病であることが明らかに

2014/07/24 17:45掲載(Last Update:2014/07/24 17:46)
Pat Torpey
Pat Torpey
MR.BIGのドラマー、パット・トーピー(Pat Torpey)がパーキンソン病であることが明らかに。WHD Entertainmentの公式サイトにて声明/なプレスリリースが発表されています

Los Angeles, CA. The rock band, MR BIG, announced today that its drummer, Pat Torpey, has been diagnosed with Parkinson’s disease and unfortunately will be unable to perform all of his normal drumming duties on the band’s upcoming World Tour in support of the band’s new album, …The Stories We Could Tell.

“ I’ve been dealing with Parkinson’s symptoms for the past couple of years and only recently received a confirmed diagnosis as symptoms worsened. I intend to fight the disease with same intensity and tenacity that I drum and live my life by and will continue recording and performing, as always, to the best of my ability. “, said Torpey.

MR BIG intends to announce a drummer in the near future whom will handle most of MR BIG’s drumming duties on the Fall 2014 tour and expects Torpey to jump on the drums on suitable live songs as well as participating in the groups acoustic set.


2014年7月23日(ロサンジェルス)
本日、米国のロック・バンドMr. Bigは、同グループのメンバーでドラマー、パット・トーピーがパーキンソン病と診断され、残念ながら、今秋行われる、新作「...The Stories We Could Tell」に伴うワールド・ツアーで通常の演奏ができなくなったと発表した。

「2年ほど前からパーキンソン病と思われる症状と向き合ってきましたが、最近になって状態が芳しくなく、病名が確定しました。私は、これまでの人生やドラム演奏に向けてきた強さと粘りを持ってこの病気と闘います。そしてレコーディングやパフォーマンスが続けられるようベストを尽くすつもりです」

なお、2014年秋ツアーにおける代替ドラマーに関しては近日発表される予定。パット・トーピー本人もツアーに同行し、数曲での演奏やアコースティック・セットへの参加が検討されている。

http://www.whd.co.jp/news/detail/112