HOME > ニュース >

ブライアン・ウィルソンの低迷期を描いた伝記映画『Love & Mercy』が9月<トロント国際映画祭>でプレミア公開

2014/07/23 15:13掲載(Last Update:2014/07/23 22:03)
Paul Dano and Brian Wilson
Paul Dano and Brian Wilson
ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の低迷/暗黒期を描いた伝記映画『Love & Mercy』が9月に開催される<トロント国際映画祭>でワールドプレミア公開される予定。監督はビル・ポーラッド。ブライアンは60年代後半から約20年間、精神疾患や薬物乱用に苦しみ低迷していましたが、今回の映画では主に80年代後半を舞台にしており、精神疾患との戦い、そして妻メリンダとの関係に焦点が当てられる予定。ブライアン役はポール・ダノ。ほか、エリザベス・バンクス、ジョン・キューザック、ポール・ジアマッティらが出演します