HOME > ニュース >

勝新太郎が監督・脚本・主演を務めた刑事ドラマ『警視-K』が初DVD化

2014/06/06 09:45掲載
警視-K DVD-BOX
警視-K DVD-BOX
勝新太郎が監督・脚本・主演を務めた刑事ドラマ『警視-K』(80年放送)が初DVD化。全13話を収めたDVD-BOXが8月27日発売
●『警視-K DVD-BOX』

[解説]
勝新太郎が監督・脚本・主演を務めた伝説の刑事ドラマ『警視-K』。台本なし、テストなしの常識破りの撮影で、予定調和を廃したリアルな刑事ドラマをめざした。石橋蓮司、原田芳雄、緒形拳、小池朝雄、松尾嘉代、原田美枝子、佐藤慶ら、そうそうたるゲスト陣が撮影に参加。勝新太郎の実の娘・奥村真粧美と夫人の中村玉緒も娘役と元妻役で出演し、「嘘のない映画作り」を支えた。勝の映画への情熱が結晶した伝説の傑作がDVDで甦る。

★特典 ライナー
★日本語台詞字幕を収録

<主要キャスト>
勝新太郎、奥村真粧美、川谷拓三
北見治一、谷崎弘一、水口晴幸、金子研三
小池朝雄、中村玉緒 ほか

<主要スタッフ>
企画:岡田晋吉、久保寺生郎、斉藤恒久
プロデューサー:加賀義二、真田正典、市古聖智
監督:勝新太郎、黒木和雄、根本順善、森一 生、吉原勲
脚本:勝新太郎、高際和雄、柏 原寛司、田中利也、須川栄三、石田芳子
音楽:山下達郎
制作:勝プロダクション

1980年放送 全13話

(C)ティーエムプロダクション
発売元:ピカンテサーカス
販売元:TCエンタテインメント