HOME > ニュース >

ハルク・ホーガンが語った「メタリカ加入話」、ラーズ・ウルリッヒは「記憶にない」とコメント

2012/04/12 13:56掲載
Hulk Hogan
Hulk Hogan
プロレスラーでタレントのハルク・ホーガン(Hulk Hogan)が、自身がセッション・ミュージシャンであった頃にメタリカへの加入を誘われていた、と以前に発言したことについて、メタリカ(Metallica)ラーズ・ウルリッヒ(Lars Ulrich)がコメントを発表。

ラジオ番組に出演した際に司会者から、この件を尋ねられたラーズは「2、3か月前にその話が出た時、当時のことを考えたんだが、記憶にないんだよね。ハルク・ホーガンのことは知らない。クリスチャン・ネームを使っていたかも知れないけど、それも知らないし。ほんとに記憶にないんだ」といった内容を述べています。

ホーガンは英The SUN紙の取材に、プロレスラーになる前はセッション・ミュージシャンとしてベースを弾いていて、その頃、親友であるメタリカのラーズ・ウルリッヒから結成直後のバンドに加入しないかと誘われたと説明していました。