HOME > ニュース >

クリストファー・ノーラン総指揮×ジョニー・デップ主演、映画『トランセンデンス』の日本公開が決定、海外版予告編映像も公開

2013/12/20 11:20掲載(Last Update:2013/12/20 11:28)
Transcendence
Transcendence
『ダークナイト』などで知られるクリストファー・ノーランが製作総指揮を務める、ジョニー・デップ主演のSF大作『Transcendence』。『トランセンデンス』の邦題で2014年6月28日(土)より日本公開が決定。また海外ではティーザー・トレーラー映像が2本が公開されています

本作は、反テクノロジーを主張する過激組織の銃弾によって倒れた人工知能の研究開発者の頭脳が、死の間際にコンピュータ内にアップロードされ、人類の想像を超えた進化を始めてしまうという作品。

コンピューターにアップロードされてしまった科学者を演じるのはジョニー・デップ。そのほか、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィーなどが出演します。監督は『インセプション』でアカデミー賞撮影賞を授賞したウォーリー・フィスター。




●映画「トランセンデンス」

人工知能“PINN”を開発研究する科学者ウィルは反テクノロジーの過激組織“RIFT”の銃弾に倒れる。死の際で妻のエブリンは彼の頭脳を“PINN”へとアップロードする。

―死すべき運命だった科学者、だがその意識はコンピューターの中で生かされた―

そして“それ”は軍事機密、金融、政治から個人情報まで、あらゆる情報を手に入れ、超高速の処理能力で化学反応を引き起こし、人類では想像できない進化をし始めた……。