HOME > ニュース >

スティーヴ・ガッドが25年ぶりのスタジオ録音リーダー・アルバムを発売

2013/05/30 09:34掲載
Steve Gadd Band / Gadditude
Steve Gadd Band / Gadditude
世界中のドラマーから敬愛を集める名ドラマー、スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)が25年ぶりのスタジオ録音リーダー・アルバムを発売。アルバム『Gadditude(邦題:ガッドの流儀)』は日本先行で国内盤は8月7日発売。

スタジオ録音によるリーダー・アルバムとして、88年ガッド・ギャングでの2ndアルバム『ヒア&ナウ』以来。自身のプロデュースとしては初のリーダー・アルバム。

メンバーは、マイケル・ランドウ(g)、ラリー・ゴールディングス(key)、ジミー・ジョンソン(b)、ウォルト・ファウラー(tp)。メーカー資料によれば「後期マイルス・デイヴィスを彷彿させるものから、ノラ・ジョーンズ風、R&Bフュージョンまで、ガッドの軌跡と手法が全編に溢れる作風。曲はランドウ、ゴールディングスらメンバーによるオリジナル曲、そしてキース・ジャレットのカヴァー、ダラー・ブランドのカヴァーなど収録。ガッドの新境地とも言える新鮮かつ斬新な仕上がりとなっている」とのこと。アルバムではレディオヘッド(Radiohead)「Scatterbrain」も取り上げています。
●『Gadditude』

【収録曲】
1. Africa (Michael Landau)
2. Ask Me (Larry Goldings)
3. Country (Keith Jarrett)
4. Cavaliero (Larry Goldings)
5. Green Foam (Steve Gadd、Walt Fowler、Larry Goldings、Jimmy Johnson、Michael Landau)
6. The Mountain (Ibrahim Abdullah)
7. Who Knows Blues (Michael Landau)
8. The Windup (Keith Jarrett)
9. Scatterbrain (Thomas York、Phlip Selway、John O'Brien、Jonathan Greenwood、Colin Greenwood)

【パーソネル】
Steve Gadd(ds)
Michael Landau(g)
Larry Goldings(keys)
Walt Fowler(tp)
Jimmy Johnson(b)