HOME > ニュース >

元ロングピッグス、リチャード・ハーレイが新作ソロ『Standing At The Sky's Edge』を5月にリリース

2012/02/09 21:34掲載(Last Update:2012/03/16 13:10)
Richard Hawley
Richard Hawley
90年代後半に活躍したロングピッグス(Longpigs)の元ギタリストで、現在はソロで活躍する、英シェフィールドのSSW、リチャード・ハーレイ(Richard Hawley)。新作ソロ・アルバム『Standing At The Sky's Edge』が英国で5月7日にリリースされます。

スタジオ・アルバムの新作は2009年作『Truelove's Gutter』以来、約3年ぶり。以前の作品とは異なりオーケストレイションを用いることなく、よりシンプルな構成でレコーディングは行われたようで、ツイン・ギター、ベース、ドラム、そしてノイズで作られたライヴのようなアルバムに仕上がっているとのこと。全9曲入り。
●『Standing At The Sky's Edge』

1. She Brings The Sunlight
2. Standing At The Sky’s Edge
3. Time Will Bring You Winter
4. Down In The Woods
5. Seek It
6. Don’t Stare At The Sun
7. The Wood Collier’s Grave
8. Leave Your Body Behind You
9. Before