HOME > ニュース >

27歳で亡くなったカート・コバーン、ジミヘン、ジム・モリソン、エイミー・ワインハウスの新曲をAIが制作 音源公開

2021/04/05 19:17掲載
Kurt Cobain
Kurt Cobain
27歳で亡くなったカート・コバーン(Kurt Cobain)ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)ジム・モリソン(Jim Morrison)エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)が、もしも生きていたら作っていたであろう音楽を人工知能 (AI) ソフトを使って制作。それぞれのソングライティングに近いという新しい曲を、“Lost Tapes of the 27 Club”というプロジェクト・チームが公開しています。

各トラックは、AIプログラムが各アーティストの最大30曲を分析し、ヴォーカル・メロディー、コードチェンジ、ギターリフ&ソロ、ドラムパターン、歌詞などを詳細に分析して、 各アーティストの「新曲」がどのようなサウンドになるかを推測した結果です。この曲のクリエイターたちは、各トラックはヴォーカルを除いて、そのほとんどすべてがコンピューターの仕事だと言っています。ヴォーカルは、例えば、カート・コバーン風はニルヴァーナのトリビュート・バンドのフロントマンであるエリック・ホーガンが担当しています。

このプロジェクトは、精神疾患に苦しむ音楽業界の人々を支援するトロントの団体、オーバー・ザ・ブリッジによるものです。この団体は、メンタルヘルスの危機によって失われたものを世界に示し、また、より多くの音楽業界関係者が必要なメンタルヘルスのサポートを受けることを奨励するために、このプロジェクトを行っています。

以下は“Lost Tapes of the 27 Club”の4曲をまとめたプレイリスト