HOME > ニュース >

PRISMの和田アキラが死去

2021/03/29 23:12掲載(Last Update:2021/03/29 23:23)
PRISM
PRISM
日本のフュージョンシーンをリードしてきたPRISMのリーダー/ギタリスト、和田アキラが死去。PRISMの公式サイトで発表。64歳でした。

以下、公式サイトより

PRISMを応援していただきありがとうございます。

皆様へお知らせです

かねてより病気療養中でした、和田アキラは
2021年3月28日に敗血症による
多臓器不全により永眠しました。

葬儀は遺族と近親者のみで、
執り行いました。

お別れ会は、感染症の状況が落ち着きましたら
行います。
詳細は改めてお知らせ致します。

生前沢山方々のご厚情に深く感謝し、
謹んでお知らせ申し上げます。

和田アキラのご冥福を、お祈り申し上げます。

PRISM メンバー 一同

http://prismjapan.com/


和田アキラは1956年東京生まれ。グループサウンズに憧れた小学生の時にドラムを始めるが、やがてギターに転向。16歳のときに、プロのギタリストになる決意で松木恒秀に師事。その後、ベースの渡辺建と出会い、1975年、18歳のとき、日本で始めてのフュージョンバンドPRISMを結成。エリック・クラプトンの日本公演におけるオープニングアクトに抜擢され、注目を集める。以来その中心的な存在として活動し、数多くのアルバムを発表する。

PRISM及びソロ活動をする傍ら、高橋ユキヒロ(高橋幸宏)、松岡直也、本多俊之、浅川マキ、KEEP、井上陽水、森高千里、櫻井哲夫、神保アキラ、ジョニー吉長、村上ポンタ秀一などのアルバムやツアーに参加した。