HOME > ニュース >

スクエアプッシャー、ゴーゴー・ペンギンの「F Maj Pixie」をリミックス

2021/03/12 13:55掲載
Squarepusher
Squarepusher
スクエアプッシャー(Squarepusher)ゴーゴー・ペンギン(GoGo Penguin)の「F Maj Pixie」をリミックス。YouTubeで聴けます。このリミックス・ヴァージョンはゴーゴー・ペンギンのリミックス・アルバム『GGP/RMX』に収録されます



アルバムは5月7日発売。リリース元はBlue Note/ユニバーサルミュージック。

以下、リリース決定時のインフォメーションより

本作はアルバム『ゴーゴー・ペンギン』に収録されていた11曲のうち、10曲のリミックス・ヴァージョンを収録したもので、このコンセプトはバンドが数年にわたり温めていたものだったという。参加リミキサーとしてジェームス・ホールデンやマシンドラム、808ステートという豪華なアーティストが名を連ねる中、日本からはコーネリアスとミュージシャン/サウンド・デザイナーのYosi Horikawaが参加している。

1曲目の「コラ (Cornelius Remix)」を手掛けたコーネリアスの小山田圭吾は、「remixerに808 stateが入っていて、マンチェの血を感じました。ゴーゴー・ペンギンは、ヒプノティックな生演奏が魅力なので、なるべく彼らの演奏を残したいと思いました。世の中が落ち着いたら、ライブを見に行ってみたいです」とコメントしている。ピアノのクリス・イリングワースは「コーネリアスのミックスは知的で美しく、アルバムの始まりとしてとても良いと思った。ピアノのメロディをシンセのラインと併せて再配置することでそのメロディがより強調されて、楽曲に新しくて個性的なキャラクターを加えている。リミックス・アルバムにピッタリだね」と語っている。

また、Yosi Horikawaが手掛けた「エンバース (Yosi Horikawa Remix)」について、ドラムのロブ・ターナーは「Yosiはいつも美しく感情的なサウンドスケープを生み出し、最もユニークなサウンド・プロダクションを行っているアーティストの一人だ。この世界に存在する音を組み合わせて、誰も聴いたことのないようなものを創り上げ、信じられないほど深く広大な表現をしている。今回のリミックスにあたってまず名前が浮かんだのがYosiだったよ、そして彼は僕たちにとってスペシャルなものを創り上げてくれたんだ」とコメントしている。

もとよりエレクトロニカ色も濃いゴーゴー・ペンギンのサウンドだけに、リミックスとの相性は抜群。バンドのミュージシャンシップやユニバーサルなサウンドを違った形で体感出来る充実の仕上がりとなっている。
■『GGP/RMX』

01. コラ (Cornelius Remix) (4:22)
02. アトマイズド (Machinedrum Remix) (6:15)
03. エンバース (Yosi Horikawa Remix) (4:09)
04. F・メジャー・ピクシー (Rone Remix) (4:17)
05. F・メジャー・ピクシー (Squarepusher Remix) (6:22)
06. オープン (Nathan Fake Remix) (4:33)
07. シグナル・イン・ザ・ノイズ (808 State Remix) (5:38)
08. トーテム (James Holden Remix) (8:16)
09. トゥ・ザ・Nth (Shunya Remix) (6:51)
10. プチ_ア (Clark Remix) (6:25)
11. ドント・ゴー (Portico Quartet Remix) (5:44)