HOME > ニュース >

クイーンのブライアン・メイ、お気に入りのギターソロについて語る

2021/03/05 13:58掲載
Brian May
Brian May
クイーン(Queen)ブライアン・メイ(Brian May)は、お気に入りのギター・ソロについて英Classic Rock誌のインタビューの中で語っています。

「それは(エリック)クラプトンが演奏した、ジョン・メイオールのアルバム『Blues Breakers with Eric Clapton』の中の“Key To Love”だよ」「これまでの人生で聴いた中で最も熱く、燃えるような、情熱的な曲だよ。今でもそうだよ。大好きだ。完全に降参で、これを乗り越えることはできないだろうね。僕の大きなインスピレーションの一つだ」

「彼はあのソロで燃えたんだよ!」「トラック全体があのソロを中心に展開していくんだ。この曲をかけるたびに、僕はただ待っているだけなんだ...。ジョン・メイオールも素晴らしいけど、エリックが飛び出て、いきなり最高音を刻む瞬間を待っているんだ。信じられない。背筋がゾクゾクするよ」とブライアンは興奮しながら話しています。

インタビュアーから「クイーン楽曲のギター・ソロの中では?」と尋ねられるとブライアンは「Killer Queen」を挙げています。

「“Killer Queen”はいつも僕のお気に入りだ。これは常に僕の頭の中にあった。もう少し複雑なもので、ソロにギターのハーモニーを入れるという冒険だったんだ。あのソロは未知の世界への大きな一歩だったし、この曲には他のどこにも出てこないメロディーが入っているんだ」

「僕の夢はギターをオーケストラの楽器として使うことで、幸運にもその夢を叶えることができた。“Killer Queen”のソロは。ハーモニーをうまく表現できた初めての曲だったんだ。ハーモニーはすべて動き回っていて、ただ平行して追いかけるのではなく、小さなジャズ・バンドのように相互に影響し合っているんだ」「“Killer Queen”は、とてもうまくいったよ。皆に覚えていてほしいと思う」