HOME > ニュース >

ニューヨークの音楽会場 4月から33%の収容率で再開 1年ぶり

2021/03/04 10:09掲載
Concert Audience
Concert Audience
ニューヨークタイムズ紙によると、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモは記者会見で、同州のアート、エンターテインメント、イベント会場を4月2日から33%の収容率で再開することを発表しています。屋内イベントは最大100人まで、屋外イベントは最大200人までに制限されています。会場で新型コロナウイルスの検査をすべての参加者に実施できる場合は、屋内の場合は150人、屋外の場合は500人に増やすことができます。出席者全員がソーシャルディスタンスを保ち、マスク着用が求められ、また保健省のガイダンスを厳守することが求められます。

ニューヨーク市の会場は、2020年3月12日の最初のロックダウン以来閉鎖されていました。

ただし、たとえ合法的に許可されていても、すべての会場が4月に再開されるわけではないようです。Bowery BallroomとMercury Loungeのオーナーであるマイケル・スウィアーはタイムズ紙に、観客数の制限があるため、これらの2つの会場で開催されるショーが「キャパシティの約20パーセントに制限されることを意味し、これは耐えられない」と語っています