HOME > ニュース >

ダフト・パンクに敬意を表して、オランダの教会塔の鐘でダフト・パンク楽曲を演奏

2021/02/28 17:51掲載
Daft Punk
Daft Punk
解散を発表したダフト・パンク(Daft Punk)に敬意を表して、オランダのミュージシャンは教会塔にあるカリヨン(異なる音を持った鐘を複数個組み合わせた鐘の演奏装置)を使ってダフト・パンク楽曲を演奏しています。

演奏しているのは、カリヨン奏者のMalgosia Fiebig。彼女は2月27日にオランダのユトレヒトにある同国で一番高い教会塔・ドム塔のカリヨンにて、「Get Lucky」「Around the World」「Harder Better Faster Stronger」など計8曲を演奏しています。コンサートが始まると、ドム塔の周りには何百人もの人が集まり、演奏後には大きな拍手がありました。約35分の映像あり。

彼女は過去にもヴァン・ヘイレンやプリンスなどの楽曲をドム塔のカリヨンで演奏しています。

[Song list]

Within
Give Life Back to Music
Get Lucky
Around the World
Harder Better Faster Stronger
Instant Crush
The Game of Love
Touch

●ドム塔の内部で撮影されたMalgosia Fiebigのオフィシャル映像


●ドム塔の外で撮影された一般人撮影の映像