HOME > ニュース >

レッド・ツェッペリン 72年2月25日ニュージーランド公演の未公開映像を発掘 YouTubeで公開中

2021/02/25 12:06掲載
Led Zeppelin - Live in Auckland, NZ (February 25th, 1972) - Photo: Supplied / Lloyd Godman
Led Zeppelin - Live in Auckland, NZ (February 25th, 1972) - Photo: Supplied / Lloyd Godman
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)が1972年2月25日にニュージーランドのオークランドにあるウエスタン・スプリングス・スタジアムで行ったコンサートの未公開映像を発掘。YouTubeチャンネル「ledzepfilm」に投稿されています。

ラジオ・ニュージーランド(RNZ)によると、この8mmフィルム映像は、コンサート当日、25,000人の観客の中にいたロイド・ゴッドマン(当時20歳)が撮影したもの。現在はメルボルンでエコロジカル・アーティストとして活動しているゴッドマンは、2019年に自分の作品のカタログを作成していたところ、物置にしまってあったフィルムを見つけました。

ゴッドマンは「物置にフィルムがあるのは知っていたのでデジタル化するために送りました。バンドのものが入っているのは知っていたけど、中身はわからなかった。戻ってくると、ツェッペリンのフィルムだった」とRNZに話しています。

その後、いくつかのスクリーンショットをオンラインで公開すると、米国のレッド・ツェッペリンのアーキビストから連絡があり、その後、当日のライヴ音源と同期させた約5分の映像を作成。YouTubeチャンネル「ledzepfilm」にて公開されています。

ゴッドマンは、この映像を個人のコレクターにかなりの金額で売ることができたと考えていますが、彼はそれよりも、レッド・ツェッペリンの物語のひとつを伝えるために、YouTubeで公開することを選んでいます。