HOME > ニュース >

ジェイムス・テイラーの長年のコラボレーター デヴィッド・ラズリーが重度の病気 支援するクラウドファンディング実施中

2021/02/23 16:17掲載
David Lasley
David Lasley
美しいファルセットが特徴的なブルーアイド・ソウル・シンガー、デヴィッド・ラズリー(David Lasley)ジェイムス・テイラー(James Taylor)やボニー・レイット、ホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリン、ボズ・スキャッグスなど数々のバックコーラスやレコーディング参加をしてきたデヴィッドは現在、重度の病気で、体の一部を切断する手術を受けています。彼は元気ですが、回復への道のりは長く、医療費など費用もかかります。彼を金銭的に支援するため、クラウドファンディングサイトのGoFundMeにて寄付を募っています。彼の長年のコラボレーターであるジェイムス・テイラーは自身のFacebookページでサポートをお願いしています。

GoFundMeに掲載されている説明によると、

「先日、重度の病気により、デヴィッドはアムピュティー(手術で手足などを失った人)となってしまいました。デヴィッドは今も医療施設で療養中です。退院後も長期にわたるリハビリと理学療法に直面しています。デヴィッドは元気ですが、回復への道のりは長く、費用がかかります。

デイヴィッドが無事に家に戻ってきたら、彼の家を改造し、車椅子でも利用できるスロープを設置したり、玄関を広くしたり、バスルームを改造したり、その他多くのことをしなければなりません。このキャンペーンで集められた資金は、デヴィッドの医療費、リハビリ費用、在宅療養費、家の改築費などに使われます」

■GoFundMe内 デヴィッド・ラズリー ページ
https://www.gofundme.com/f/david-lasleys-medical-rehabilitation-support