HOME > ニュース >

ステレオ・トータルのフランソワーズ・カクタスが死去

2021/02/18 10:59掲載(Last Update:2021/02/18 14:25)
Françoise Cactus
Françoise Cactus
90年代に人気を博したドイツ/フランスのエクスペリメンタル・ポップ・ユニット、ステレオ・トータル(Stereo Total)。ヴォーカリストのフランソワーズ・カクタス(Françoise Cactus)が死去。ユニットのSNSで発表。声明によると、乳癌との長い闘いの末、ベルリンのアパートで2月17日の朝に亡くなっています。57歳でした。

ステレオ・トータルは1993年、歌とドラムを担当したフランソワーズとギタリスト/シンガーのブレッツェル・ゴーリングによってベルリンで結成。彼らのサウンドは、ミニマルなシンセポップ、ジャーマン・コミッシェ、60年代のサイコ、パンク、ニューウェイブ、モリコーネ風のサウンドトラック・ミュージックなどをミックスしたユニークなものでした。12枚のアルバムと数十枚のシングルとEPをリリースしました。

フランソワーズは音楽だけでなく、小説やその他の本を何冊か書いた作家であり、ラジオの劇も書いていました。