HOME > ニュース >

ギブソン、KISSのジーン・シモンズと共同出資にて『G²』を設立

2021/01/13 19:21掲載
Gene Simmons
Gene Simmons
ギブソンは、キッス(KISS)ジーン・シモンズ(Gene Simmons)とジョイント・ベンチャーを締結し、「G² (ジー・スクエア)」を設立しています。G²は、“GENEからGIBSONへ”と言う意味で(両者の名前の頭文字を使用)、今後ギブソン・ブランズのギブソン、エピフォン、クレーマーのギター・ブランドから、右利きと左利きのエレクトリック・ギターとベースの新しいコレクションを発表します。

以下プレスリリースより

■ギブソンがKISSのジーン・シモンズと共同出資にて『G²』の設立を発表

"どんな楽器を手にするかで生死が決まると言ってもいい。
(KISSの様にステージで)舌を出すことは何度でもできるが、肝心なことは本当に良いサウンドを届けることだ。"
--ジーン・シモンズ

このたびギブソンは、世界的なロック・レジェンドであり、(アメリカレコード協会認定により)アメリカ歴代1位のゴールドディスクを受賞したグループKISSの共同創設者であるジーン・シモンズとジョイント・ベンチャーを締結し、「G² (ジー・スクエア)」を設立しました。G²は、”GENEからGIBSONへ“と言う意味で(両者の名前の頭文字を使用)、今後ギブソン・ブランズのギブソン、エピフォン、クレーマーのギター・ブランドから、右利きと左利きのエレクトリック・ギターとベースの新しいコレクションを発表し、様々なオンラインおよびSNSプラットフォームで世界中のファンに向けてエンターテイメント・コンテンツを発信していく予定です。

このコラボレーションのキックオフとして、G²は今年後半に新しいG² Thunderbird Bassをリリース予定です。エボニーのボディカラーに、それぞれシルバーとブラッド・レッドを基調としたデザインの2種類のG² Thunderbird Bassは、先日ドバイで行われたKISSの大晦日のコンサートで、シモンズと共にステージに登場し、世界的なデビューを果たしました。

ジーン・シモンズは次のように述べます。
「私は何十年にもわたってベース・ギターのデザインとその商標を扱った展開を行ってきましたが、ギブソンのビジョンを聞き、彼らのクリエイティブなプロセスを知った時、私たちが力を合わせることで、次のレベルに向かって進むことは理にかなっていました。ギブソンは優れた企業であり、世界中のファンに愛されるギター・ブランドとしての地位を確立しています。これらのギターとベースは、全てハンドメイドで作られており、そのサウンドは、他の追随を許さないものとなっています。デザインも非常に美しく、コレクション性も高く、まさに芸術作品と言っても過言ではありません。」

G² Thunderbird Bassの発売に続き、G²はFlying V BassとFlying V Guitarのリリースも計画しています。 (具体的な時期は未定)

ギブソン・ブランズのChief Merchant Officerのセザール・グイキアンは次の様に述べます。 「ジーンは、歴代で最も有名なミュージシャン、ロックスターの一人であるだけではありません。彼は起業家であり、レコードプロデューサーであり、俳優であり、あらゆる面でクリエイティブな人物です。彼の頭脳は常に働いていて、私は彼のそういうところが大好きです。私たちが最初に会ったとき、すぐにギター、エンターテイメント、ビジネスについての興味深い会話を交わしました。私たちのビジョンを共有することで、楽器の開発や、ギブソンとジーン・シモンズの新しい世代のファンを楽しませ、音楽制作をインスパイアする新しいプラットフォームの構築など、様々なパートナーシップを模索することになりました。それらは、壮大なものになることを期待しています。」

米国中部標準時間1/18 AM10時(日本時間1/19 AM1時)には、ギブソン・ブランズのブランド・エクスペリエンスのディレクター、マーク・アグネシによるジーン・シモンズのインタビューをGibson TVで生中継します。
https://www.youtube.com/user/GibsonGuitarCorp