HOME > ニュース >

アビー・ロード・スタジオの新ドキュメンタリーが制作決定 監督はポール・マッカートニーの娘メアリー

2021/01/13 09:26掲載
Mary McCartney
Mary McCartney
アビー・ロード・スタジオに関する新たなドキュメンタリー『If These Walls Could Sing』が制作決定。監督はポール・マッカートニー(Paul McCartney)リンダ・マッカートニー(Linda McCartney)の娘である映画監督/写真家のメアリー・マッカートニー(Mary McCartney)。制作はユニバーサル・ミュージック・グループが最近立ち上げた制作会社マーキュリー・スタジオです。プロデューサーはジョン・バッツェック。

この作品では、2021年11月のアビー・ロード・スタジオの90周年にあわせて、伝説的なレコーディング・スタジオの歴史を探求し、知られざる物語をスクリーンに映し出す予定。アビー・ロード・スタジオが長編ドキュメンタリーのためにその扉を開き、スタジオへの「他に類を見なアクセス」を約束した初めての作品であり、多くのスターが登場すると予想されるインタビューや素晴らしいサウンドトラックを含むことになりそうです。

メアリー・マッカートニーは声明の中で、「幼い頃の一番最初の思い出のいくつかは、アビーロードで過ごした時間から来ています」「私は長い間、この歴史的な場所の物語を伝えたいと思っていました。この創造的な野望を現実のものにするために、ジョンとマーキュリー・スタジオ以外のチームと協力することはできませんでした」と述べています。