HOME > ニュース >

レッド・ツェッペリンの新リマスター盤 第1弾は2013年発売、ペイジは「ボーナストラックはかなり充実したものになるだろう」

2012/11/27 13:30掲載
Led Zeppelin
Led Zeppelin
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の新リマスター盤について、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)がローリングストーン誌の最新インタビューで発言。対象となるのは『In Through the Out Door』までの8タイトルと『Coda』を合わせた計9タイトルで、一挙に発売するのではなく、少しずつリリースする計画とのこと。第1弾は2013年中に発売される予定。いずれもボーナス・マテリアルを含んだデラックス・エディションになるようで、ペイジはボーナス・マテリアルについて「素晴らしい音と映像」と説明。また「単に古いがらくたを追加するのではなく、かなり充実したものになるだろう」とも述べています。