HOME > ニュース >

キッスの黒歴史 2014年感謝祭パレード ポール・スタンレーが当時を振り返る 「俺らは騙された」

2020/11/26 13:28掲載
KISS - Macy's Thanksgiving Day Parade 2014
KISS - Macy's Thanksgiving Day Parade 2014
キッス(KISS)は2014年に、米国の感謝祭恒例の「メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレード」に参加。当時“騙された”と話していたポール・スタンレー(Paul Stanley)はSNSで、この日の出来事を笑いながら振り返っています。

「メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレード」では、さまざまなキャラクターが巨大なバルーンとなってニューヨークを練り歩きます。

感謝祭を翌日に控え、スタンリーはこの日の出来事をツイッターで回想し、その日に撮影された最も知られる写真を共有しています。

スタンリーは

「俺たちは巨大な山車のスケッチを見せられ、KISSのメイクをした100人のバトントワラーに囲まれると言われて、メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレードに参加した。 代わりにこれを手に入れた!!! SUVにU-Hall(※貸しトラック・自家用車につける荷物運搬車をリースする会社)が付いていて、印象のない二人のエスコートがいる。HA! HA! HA! なんて幸せなんだ!」

とツイートしています。

サイトUltimate Classic Rockによると、当初約束されていたものからステージが変更されたのには理由があります。キッスのマネージャー、ドク・マギーは9回目の<KISS Kruise>のQ&Aセッションで語っています。

「俺たちがやった中で最悪だったのは、メイシーズ・デイ・パレードに出演したことだ」「俺たちはギブソンの巨大な山車に乗ることになっていたんだ。それは素晴らしかったよ。前の晩にポールにギブソン(のギター)を弾いてほしいと言ったんだけど、彼はワッシュバーンを弾いているから、ギブソンを弾かないんだ。だから、僕らは山車には乗れなかったんだ」

「彼らから“君たちのために別の山車があるぞ”と言われて、それがある場所に行った。(新しい山車は)長さ25フィートで、2つのマイクが付いているようなものだった。メイシーズ・デイ・パレードで一番ひどいもののように見えた。それを見た時、“これでクビだな”と思った。最悪の時だった」

パレード出演の翌日、スタンリーはツイッターで「ぶっちゃけ、メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレードの責任者に騙されたんだよ。俺たちは皆、もっといいものを求めていた」と嫌悪感を表明していました。