HOME > ニュース >

マラドーナの訃報を受けクイーンらが追悼コメント発表、マラドーナがゲスト参加したクイーン公演の音源あり

2020/11/26 09:31掲載(Last Update:2020/11/26 09:40)
Diego Maradona & queen
Diego Maradona & queen
サッカー界のレジェンド、元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナの訃報を受け、クイーン、ノエル&リアム・ギャラガー、マッシヴ・アタック、プライマル・スクリームなどミュージシャンたちも追悼コメントを発表しています。

マラドーナは、クイーンが1981年3月8日にアルゼンチンのブエノスアイレスで行ったコンサートにゲストとして登場しています。バンドは30万人の観客を集め、その中に、すでにサッカーファンを魅了していた21歳のマラドーナもいました。

当日、フレディ・マーキュリーはクイーンのパフォーマンス中にマラドーナをステージに招待し、観客を喜ばせました。「今夜、あなたと私たちの友人を紹介したいと思います。皆さんも彼を知っているでしょう」。ステージにあがったマラドーナは「私をとても幸せにしてくれたフレディとクイーンに感謝したい」と言い、バンドはその後、「Another One Bites the Dust」を演奏し始めます。

バックステージでは、クイーンとマラドーナはジャージ交換のようなものを行いました。マラドーナはブライアン・メイのユニオンジャックのシャツ、フレディの赤いスカーフをを身に着け、ロジャー・テイラーのドラムスティックを持ち、フレディはマラドーナのナショナルチームのジャージを着用しました。

当日の音源あり