HOME > ニュース >

B.スプリングスティーンの音楽で人生が変わった移民少年の物語 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』Blu-ray&DVD発売

2020/10/23 13:34掲載
カセットテープ・ダイアリーズ ©BIF Bruce Limited 2019
カセットテープ・ダイアリーズ ©BIF Bruce Limited 2019
パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)の音楽に影響を受けながら成長していく姿を描く青春音楽映画『カセットテープ・ダイアリーズ(原題:Blinded by the Light)』。Blu-ray&DVDが2021年1月20日発売。またパッケージ発売に先行して2020月12月2日よりデジタル配信がスタートします

■『カセットテープ・ダイアリーズ』

舞台は1987年、イギリス。地方ルートンで暮らすパキスタン系の高校生ジャベドは、保守的な町、人種差別、厳格な父親との関係……などの悩みから鬱屈した日々を過ごしていた。そんな彼にとって唯一の楽しみは、音楽を聴くことと詩を書くこと。ある日彼は、同級生から2本のカセットテープを渡される。愛用のウォークマンから流れたブルース・スプリングスティーンの音楽を聴いた瞬間、彼の世界が180度変わる。音楽に背中を押され、友情、恋愛、そして将来の夢へと、現実と向き合いながらひたむきに駆け抜けるジャベドの青春を描く。

毎年世界中の注目作品が登場するサンダンス映画祭にてワールドプレミアを飾ると瞬く間に評判が広がり、北米での大規模公開が決定した本作。その後も世界の映画祭で絶賛を集め、

観客を始め評論家、そして音楽関係者からも称賛を浴びた。辛口レビューサイトRotten Tomatoesでは現在89%、オーディエンススコア91%の高得点を獲得している。

この映画に欠かせない存在となっているのが、10月23日には新しいアルバムが発表されるシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンである。ファンの間で《ボス》という名で親しまれている米国を代表する存在だ。

本作ではボスからの協力と愛情のもと、「明日なき暴走(Born To Run)」をはじめとする15曲以上の彼の名曲や歌詞が劇中でふんだんに使用されている。さらに未発表曲も登場するなど、オリジナルサウンドトラックと合わせて何度も楽しめる一作だ。

メガホンを取ったのは、『ベッカムに恋して』等で知られる女性監督、グリンダ・チャーダ。

原作は、現在は英国ガーディアン紙で定評のあるジャーナリストとして活躍しているサルフラズ・マンズールの回顧録。筆者自身もブルース・スプリングスティーンの大ファンであり、溢れんばかりの愛情が込められている。

出演陣はフレッシュな面々が集結。

『1917 命をかけた伝令』で注目を集めたイケメン若手俳優ディーン・チャールズ・チャップマンや、「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演したネル・ウィリアムズなど、人気急上昇中の俳優の共演にも注目したい。

また80年代ファッションや、当時のイギリスの音楽文化や時代背景も本作の魅力の一つだが、“自分の進むべき道を探し求める”という点において、スプリングスティーンの楽曲を知らない若い世代でも共感し存分に楽しめる内容になっている。

なお、セルブルーレイ、DVDにはメイキングなどの特典映像も収録される予定だ。

デジタル配信開始も合わせて、この爽快&感動の青春ストーリーを是非楽しみにお待ち頂きたい。


【作品概要】

1987年のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を、爽やかに描いた珠玉の青春音楽映画!

イギリスの町ルートンで暮らすパキスタン移民の少年ジャベド。音楽と詩を書くのが好きな彼は、日々の生活の中で鬱屈と焦燥を抱えていた。閉鎖的な街の中で受ける人種差別や、保守的な父親との確執など、彼の悩みは尽きない。だがそんなある日、モヤモヤをすべてぶっ飛ばしてくれる、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的に出会い、彼の世界は180度変わり始めていく―。

【出演者&スタッフ】
ジャベド役: ヴィヴェイク・カルラ
マリク役(ジャベドのお父さん): クルヴィンダー・ギール(『ベッカムに恋して』)
ヌール役(ジャベドのお母さん): ミーラ・ガナトラ
マット役(ジャベドの幼なじみ): ディーン・チャールズ・チャップマン(『1917 命をかけた伝令』、「ゲーム・オブ・スローンズ」)
イライザ役(ジャベドの彼女): ネル・ウィリアムズ(「ゲーム・オブ・スローンズ」、『グッドライアー 偽りのゲーム』)
クレイ先生: ヘイリー・アトウェル(『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』、『ある公爵夫人の生涯』)

監督・脚本・製作:グリンダ・チャーダ(『ベッカムに恋して』、『英国総督 最後の家』)

脚本・原作:サルフラズ・マンズール


■『カセットテープ・ダイアリーズ』

2020年12月2日(水) デジタル配信開始

2021年1月20日(水) ブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル開始

◆Blu-ray
PCXP-50792
¥4,700 (本体)+税

収録分数:本編117分+特典映像

音声: オリジナル(英語)Dolby True HD 5.1chサラウンド(Advanced 96k Upsampling)

字幕:日本語字幕

画面サイズ:1080p High Definition (シネマスコープサイズ)

特典映像(※タイトル、収録内容は予定となります):

1.キャストインタビュー&メイキング映像

2.本国版予告

3.日本版予告

◆DVD
PCVP-54416
¥3,800 (本体)+税

収録分数:本編117分+特典映像

音声: オリジナル(英語)/ドルビーデジタル5.1chサラウンド

字幕:日本語字幕

画面サイズ:16:9 LB(シネマスコープサイズ)

特典映像(※タイトル、収録内容は予定となります):

1.キャストインタビュー&メイキング映像

2.本国版予告

3.日本版予告

※仕様、特典内容や名称は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

※DVDレンタル同時開始

発売元・販売元:ポニーキャニオン

(C) BIF Bruce Limited 2019