HOME > ニュース >

「最も過小評価されているヴァン・ヘイレン・ソング 10選」 米MetalSucks発表

2020/10/12 00:02掲載(Last Update:2020/10/17 11:07)
Van Halen
Van Halen
「最も過小評価されているヴァン・ヘイレン・ソング 10選」を米国のメタル系サイトMetalSucksが発表

“Girl Gone Bad” (1984, 1984)


“5150” (5150, 1986)


“Happy Trails” (Diver Down, 1982)


“Feelin’” (Balance, 1995)


“Me Wise Magic” (Best of Volume 1, 1996)


“Without You” (Van Halen III, 1998)


“Stay Frosty” (A Different Kind of Truth, 2012)


“Ice Cream Man” (Van Halen, 1978)


“Amsterdam” (Balance, 1995)


“Spanked” (For Unlawful Carnal Knowledge, 1991)


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://www.metalsucks.net/2020/10/09/the-ten-most-underrated-van-halen-deep-cuts/