HOME > ニュース >

『エール』主人公モデル古関裕而 名曲はどのようにして生まれたのか NHK『歴史秘話ヒストリア』9月23日放送

2020/09/19 19:29掲載
NHK『歴史秘話ヒストリア「古関裕而 エールよ時代に響け」』(c)NHK
NHK『歴史秘話ヒストリア「古関裕而 エールよ時代に響け」』(c)NHK
NHK連続テレビ小説『エール』の主人公のモデル、作曲家・古関裕而。「栄冠は君に輝く」や「長崎の鐘」などの名曲はどのようにして生まれたのか。日本人を励まし続けたメロディー誕生に迫る。ドキュメンタリー『歴史秘話ヒストリア「古関裕而 エールよ時代に響け」』はNHK総合で9月23日(水)放送。

■『歴史秘話ヒストリア「古関裕而 エールよ時代に響け」』
NHK総合 2020年9月23日(水) 午後10:30〜午後11:15(45分)

連続テレビ小説「エール」でおなじみの古関裕而。「栄冠は君に輝く」や「長崎の鐘」などの名曲を生み出した作曲家だ。古関は、太平洋戦争のさなか、多くの軍事歌謡を手掛けていく。その歌を歌いながら、多くの若者が戦地で命を散らしていった。戦後、古関は、その事実に苦しみながらも、新しいメロディーを作り上げる。それは、日本人すべてに向けられた応援歌だった。激動の時代に響き続けた古関のエール、誕生の秘密に迫る。

【キャスター】渡邊佐和子

番組ページ(予告映像あり):
https://www4.nhk.or.jp/historia/x/2020-09-23/21/34963/1458442/