HOME > ニュース >

米国の音楽ファンは2020年上半期にCDよりもアナログレコードを多く購入 30年以上ぶり 全米レコード協会報告

2020/09/11 08:21掲載
vinyl
vinyl
全米レコード協会(RIAA)の2020年中間報告によると、米国の音楽ファンは2020年上半期にCDよりもアナログレコードを多く購入しました。これはCDが主流ではなかった1980年代以来初めてで、30年以上ぶりのこと(サイトBloombergによると1986年以来)。アナログ盤の売り上げは2億3200万ドル(約246億円)に達し、これはフィジカル(CD、アナログ盤ほか)全体の売り上げの62%を占めています。

RIAAのレポートによると、2020年上半期のフィジカル全体の売り上げは、新型コロナウイルス感染症による小売店や音楽会場の閉鎖の影響を大きく受けており、CDの売り上げは前年同期比48%の減少の1億2,990万ドルにとどまりました。フィジカル全体の売り上げは前年同期比23%減少しています。

ただ、RIAAのレポートによると、米国の音楽業界全体の売り上げは前年同期比5.6%増の57億ドルでした。RIAAによると、これは有料ストリーミングサービスの契約数が24%増加し、ストリーミングの売り上げが14%増加して、最大48億ドルに達したことによるものだという。

アナログ盤の売り上げの2億3200万ドルというのは、2020年上半期に計上された米国の音楽業界全体の売り上げ57億ドルの約4%に過ぎません。そのほとんどはストリーミングによるもので、2020年上半期の総売り上げの85%を占めています。

フィジカルの総売り上げ(3億7,600万ドル)とデジタルダウンロード(3億5100万ドル)のどちらも、広告付きオンデマンド・ストリーミング(4億2100万ドル)を初めて下回りました。広告付きオンデマンド・ストリーミングは3%増でしたが、この分野は前年には2桁台の成長率でしたので、ここにも新型コロナの影響で出ています。

サブスクリプション型ストリーミングサービスは38億ドルを売り上げています。