HOME > ニュース >

スティーリー・ダン『Gaucho』収録予定だった幻の曲「The Second Arrangement」のテープを発見

2020/08/25 19:56掲載
Steely Dan / Gaucho
Steely Dan / Gaucho
スティーリー・ダン(Steely Dan)は1980年のアルバム『Gaucho』に「The Second Arrangement」という楽曲を収録する予定でしたが、最終ミックス・ダウンまで完了した後、当時のアシスタントが誤ってマスター・テープを消去してしまい、再度録り直しを試みたものの満足のいく仕上がりとならず、結果、「The Second Arrangement」はお蔵入りとなっています。

このアルバムの制作中にスティーリー・ダンと一緒に働いていたシニア・エンジニアのロジャー・ニコルズの家族は、この失われた曲「The Second Arrangement」に関連したテープを発見したことを明らかにしています。

2011年に亡くなったニコルズのFacebookページに、彼の娘Cimcieが「Second Arr」と書かれたカセットテープの写真をシェアし、“スティーリー・ダン「Second Arrangement」が削除される前に3本のワークテープがレコーディングスタジオを出ていました。私たちは一度も再生したことがありません。おそら再生と転送を同時に行うのが賢いんだろうね。どうしましょうか?」と投稿し、また彼女はテープが「母が何十年も大切に保管してきた魔法の宝物のようです。よくやったよ、ママ!」とも述べています。




「The Second Arrangement」はこれまでリリースされていませんが、デモ・ヴァージョンは何年にもわたって出回っています。以下で聴けます