HOME > ニュース >

ジェームス・ブラウンが米国の音楽をどのように永遠に変えたのか 新作アニメ第2話「Funky President」は9月1日22時公開

2020/08/25 10:03掲載
Get Down, The Influence Of James Brown
Get Down, The Influence Of James Brown
ジェームス・ブラウン(James Brown)がアメリカの音楽をどのように永遠に変えたのかという疑問を解き明かす新作アニメーション・ミニシリーズ『Get Down, The Influence Of James Brown』。エピソード2「Funky President」は日本時間9月1日(火)22時にJBの公式YouTubeチャンネルで公開されます。

3部構成のこのシリーズは、UMeがDreambearとともに制作したもので、その音楽は絶えずサンプリングされ、彼のトレードマークであるフレーズはヒップホップの中に深く織り込まれているジェームス・ブラウンの音楽のDNAを探ります。ナレーションはザ・ルーツ(The Roots)クエストラヴ(Questlove)が担当しています。

エピソード2「Funky President」は、6月に公開されたエピソード1「Funky Drummer」に続くもの。内容は

“ジェームス・ブラウンの魅力的で予測不可能な政治を探りながら、史上2番目に多くサンプリングされたトラック「Funky President (People It’s Bad)」の影響を追っていきます。公民権運動やブラウンの名メッセージ「Say It Loud - I'm Black and I'm Proud」にも触れ、「Funky President」は、ジェームス・ブラウンと彼の音楽仲間や後継者たちが、いかに黒人の視点から社会の変化を促し、政治的な関心を高めることができたかを示しています”

と説明されています。

出演は

Fred Wesley
Vince Wilburn Jr.
Andre Torres
Breakbeat Lou