HOME > ニュース >

石野卓球がOP曲を書き下ろし 映画『緊急事態宣言』の予告編映像公開

2020/08/19 12:14掲載
緊急事態宣言 (C) 2020 Transformer, Inc.
緊急事態宣言 (C) 2020 Transformer, Inc.
日本を代表する5組の監督と豪華キャストが“緊急事態”をテーマに自由な発想で映画に挑むオムニバス映画『緊急事態宣言』。予告編映像が公開。シリーズオープニングテーマは、石野卓球による書き下ろし楽曲「Emergency Frequency」。予告編にも登場します



■映画『緊急事態宣言』
8月28日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信

現在もなお、世界中をパニックに陥れている新型コロナウイルス感染症COVID-19。ここ日本でも政府が「緊急事態宣言」を発出し、「外出自粛」「三密回避」「テレワーク導入」など、我々の生活は一変した。

そんな最中、日本を代表する5組の監督と豪華キャストが参加、「コロナ禍」をテーマに5本の映画を撮り下ろした映画「緊急事態宣言」が、8月28日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信される。

いずれの作品も、現在の邦画界をけん引するクリエイターらが顔を揃えており、「緊急事態」をテーマに、それぞれが全く異なるアプローチで、全く違う5つの 「映画」をつくりあげる。あなたが予想もできない、5つの「緊急事態」を、その目にしっかりと焼き付けてほしい!

【映画「緊急事態宣言」各話あらすじ】 

Epi1:『デリバリー2020』
監督:中野量太 出演:渡辺真起子、岸井ゆきの、青木柚
あらすじ:自粛生活が続く中、離れ離れに暮らす家族が「誕生日は皆で祝う」というルールに従いオンラインで集まった。画面越しに食卓を囲む母、娘、そして息子。父は予定通り19時に帰宅するという。だがこの恒例行事には、オンラインという以外にも例年と違う点があった…。

Epi2:『孤独な19時』
監督:園子温 出演:斎藤工、田口主将、中條サエ子、関幸治、輝有子
あらすじ:COVID-19収束後に現れたさらに狂暴なウイルスにより、100年も自粛生活の続く日本。人々は50メートルのソーシャルディスタンスを保って生活していた。生まれてから一度も外に出たことのない音巳は、外から聞こえる奇妙な音が気になるあまり、初めて家の外へ踏み出すが…。

Epi3:『DEEPMURO』 
監督:非同期テック部(ムロツヨシ+真鍋大度+上田誠) 出演:ムロツヨシ、柴咲コウ、きたろう、阿佐ヶ谷姉妹
あらすじ:俳優ムロツヨシは、念願だった柴咲コウとの恋愛ドラマの撮影に挑んでいた。だが、ムロの様子はどうも変だ。戸惑う柴咲は、心配そうにムロに話しかける。「ムロさん、いつもと違うけど大丈夫?」その時、撮影現場の扉が開いて入ってきたのは…!?

Epi4:『ボトルメール』
監督:三木聡 出演:夏帆、ふせえり、松浦祐也、長野克弘、麻生久美子
あらすじ:第二波が来る少し前。不倫で仕事を干された女優、鈴音の下に謎のメールが届く。その指示に従って出かけた新作映画の主演オーディションで見事合格した彼女は、監督からリモートで演技指導を受けることになるが…。

Epi5:『MAYDAY』
監督:真利子哲也 出演:各国の人々(日本パート:岩瀬亮、内田慈)
あらすじ:2020年5月。あらゆる国や地域で緊急事態が宣言され、世界中で自粛生活が続いていた。だが、風景や状況は全く違っても、地球上は同じ時間軸で繋がっている。北米、アジア、アフリカ、ヨーロッパ…。日本時間の19時ちょうど。世界はそれぞれの表情で過ごしていた。