HOME > ニュース >

ゴーゴーズ 20年ぶりの新曲「Club Zero」のヴァーチャル・セッション映像公開 

2020/08/15 19:02掲載
The Go-Go's
The Go-Go's
米ガールズ・バンド、ゴーゴーズ(The Go-Go's)は今年7月末にリリースした約20年ぶりの新曲「Club Zero」のヴァーチャル・セッション映像を公開。米メディアThe 19thのために行ったパフォーマンスです。各メンバーは自宅からリモート参加しています



新曲リリースは2001年アルバム『God Bless the Go-Go's』以来。彼女たちの新作ドキュメンタリー映画『The Go-Go's』にあわせてリリースしています。

この曲はバンドメンバー間のメールのやりとりから生まれた曲で、プロデュースはバンド自身が行っています。ドキュメンタリー映画『The Go-Go's』では、バンドがこの曲の初期ヴァージョンに取り組んでいる様子も見ることができます。

以下は「Club Zero」の音源



ドキュメンタリー映画の監督は、イーグルスのドキュメンタリー『The History of the Eagles(駆け足の人生〜ヒストリー・オブ・イーグルス)』を手がけたアリソン・エルウッド。

映画はインタビューやアーカイブ映像などで構成。70年代後半にロサンゼルスのパンク・シーンで生まれたバンドが、あっという間にスターダムにのし上がった旅の記録で、「名声と成功へのプレッシャーが高まるにつれ、おなじみのストーリーが展開され、ドラッグとやアルコール、内紛、憤りが彼女たちを苦しめ始めました」と、名声から生まれたネガティブな部分にも触れています。

この作品は米ケーブルテレビ局Showtimeで8月1日に放送されています。

トレーラー映像