HOME > ニュース >

ミューズ+ブラー+ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ+ジェット+ザ・ズートンズのカヴァーバンド 初アルバム発売 2曲試聴可

2020/07/31 16:57掲載(Last Update:2020/07/31 17:03)
The Jaded Hearts Club
The Jaded Hearts Club
ミューズ(Muse)マシュー・ベラミー(Matthew Bellamy / Matt Bellamy)ブラー(Blur)グレアム・コクソン(Graham Coxon)ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ(The Last Shadow Puppets)マイルズ・ケイン(Miles Kane)ジェット(Jet)ニック・セスター(Nic Cester)ザ・ズートンズ(The Zutons)のショーン・ペイン、ギタリストのジェイミー・デイヴィスによるバンド、The Jaded Hearts Club。初のアルバム『You've Always Been Here』を海外で10月2日発売。リリース元はINFECTIOUS RECORDS。

バンドは2017年、以前にグレアム・コクソンのTranscopic Recordsレーベルを運営していたロサンゼルス在住のイギリス人ギタリスト、ジェイミー・デイヴィスが誕生日パーティーで演奏するビートルズ・カヴァー・バンドを考案したことから結成されています。このバンドはDr. Pepper's Jaded Hearts Club Bandとして、不定期にライヴ活動を続けていました。

マシュー・ベラミーとジェイミー・デイヴィスはバンドをさらに発展させたいと思い、ロサンゼルスのレッドルーム・スタジオでアルバムの制作を開始。失われたノーザン・ソウルの名曲に焦点を当て、有名なスタンダードに生のソウルフルなアレンジを加えたアルバムを制作しています。マシューがプロデュースを担当しています。

マシューはアルバムについて

「古い曲を再発明するジャズのように、僕らはビートルズやストーンズのようなバンドがどのように始まったかという伝統を引き継いでいるんだ。 偉大なソウル&ブルースのスタンダードを見つけ、よりモダンなスタイルでレコーディングしている」

と述べています。

この作品から新たにフォー・トップス(Four Tops)「Reach Out I'll Be There」とヴェラ・リン(Vera Lynn)「We'll Meet Again」のカヴァーが公開されています。「Reach Out I'll Be There」はミュージックビデオがあります

「Reach Out I'll Be There」のミュージックビデオ


「We'll Meet Again」


以下は以前に公開された音源

マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)のカヴァー「This Love Starved Heart Of Mine (It's Killing Me)」


アイズレー・ブラザーズ(Isley Brothers)のカヴァー「Nobody But Me」
■『You've Always Been Here』

1. We'll Meet Again
2. Reach Out I'll Be There
3. Have Love Will Travel
4. This Love Starved Heart Of Mine (It's Killing Me)
5. Nobody But Me
6. Long and Lonesome Road
7. I Put A Spell On You
8. Money (That's What I Want)
9. Why When The Love Has Gone
10. Love's Gone Bad
11. Fever