HOME > ニュース >

ZEPカヴァーで話題 イタリアのアコースティックギター奏者がエンニオ・モリコーネの追悼カヴァー演奏映像公開

2020/07/11 17:56掲載
Ennio Morricone (For A Few Dollars More) - Luca Stricagnoli
Ennio Morricone (For A Few Dollars More) - Luca Stricagnoli
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「Whole Lotta Love」の驚異的なアコースティックギターカヴァーが話題になった、イタリアのアコースティックギター奏者ルカ・ストゥリカニョーリ(Luca Stricagnoli)。新たにエンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)に捧げたトリビュート・パフォーマンス映像を公開。曲は代表作のひとつ「夕陽のガンマン(For A Few Dollars More)」。

ルカは

「エンニオ・モリコーネは僕の好きな作曲家の一人だった。彼は僕に大きなインスピレーションを与えてくれたし、イタリア人であることを誇りに感じさせてくれた人の一人だ」「もしエンニオ・モリコーネを知らない人は、ぜひ彼の作品を聴いてみてください。彼は真の伝説であり、永遠に記憶されるでしょう」

とコメントしています