HOME > ニュース >

『M★A★S★H』テーマ曲の作曲やクインシー・ジョーンズ編曲など 米国の作曲家/編曲家ジョニー・マンデル死去

2020/06/30 16:08掲載
Johnny Mandel
Johnny Mandel
『M★A★S★H 』をはじめとする映画音楽、多くのジャズ・ミュージシャンとの共演、クインシー・ジョーンズ「Velas」やナタリー・コール&ナット・キング・コールの「Unforgettable」などの編曲と、ジャズ、ポピュラー、映画音楽界で幅広く活躍した米国の作曲家/編曲家のジョニー・マンデル(Johnny Mandel)が死去。94歳でした。

ジョニー・マンデルはニューヨーク生まれ。本名はジョン・アルフレッド・マンデル。マンハッタン音楽学校、ジュリアード音楽院で学び、40年代より多くのジャズ・ミュージシャンと共演した。その後は多くの映画音楽を提供し、映画『卑怯者の勲章』(ここからヒット曲「Emily」が生まれた)、映画&ドラマ『M★A★S★H』(主題歌「Suicide Is Painless」含む)、『いそしぎ』など、ハリウッドでのキャリアの中で30本以上の映画の音楽を手掛けた。映画『いそしぎ』主題歌「The Shadow of Your Smile」でアカデミー&グラミーを受賞した。

マンデルは20世紀後半の最も優れたアレンジャーの一人と考えられ、フランク・シナトラ、ペギー・リー、バーブラ・ストライサンド、マイケル・ジャクソン、トニー・ベネット、ナタリー・コールを含む幅広いヴォーカリストにエレガントなオーケストラ・アレンジを提供した。クインシー・ジョーンズ「Velas」やナタリー・コール&ナット・キング・コールの「Unforgettable」の編曲でグラミーを獲得した。