HOME > ニュース >

アレサ・フランクリンの伝記映画でアレサ役を務めるジェニファー・ハドソン BETアワードで「Young, Gifted & Black」をカヴァー

2020/06/30 07:04掲載
Jennifer Hudson Performs “Young, Gifted & Black” | BET Awards 2020
Jennifer Hudson Performs “Young, Gifted & Black” | BET Awards 2020
アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の伝記映画『Respect』でアレサ役を務めるジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)。今年はヴァーチャルで開催されたBETアワードにて、アレサのカヴァー「Young, Gifted & Black」を披露。映像が公開されています。



伝記映画『Respect』でアレサ役は、アレサ自身が生前に指名していた『ドリームガールズ』などのジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)が務めます。

他のキャストは

●フォレスト・ウィテカー(Forest Whitake):
アレサの父親で、説教者として有名な教会の牧師C・L・フランクリン役

●マーロン・ウェイアンズ(Marlon Wayans):
アレサの最初の夫であるテッド・ホワイト役

メアリー・J. ブライジ(Mary J. Blige)
“ブルースの女王”ダイナ・ワシントン役

●マーク・マロン(Marc Maron):
音楽プロデューサーのジェリー・ウェクスラー役

●オードラ・マクドナルド(Audra McDonald):
アレサの母親役

●タイタス・バージェス(Tituss Burgess):
“ゴスペル音楽の王”ジェームス・クリーブランド役

●テイト・ドノヴァン(Tate Donovan):
プロデューサーで公民権活動家のジョン・ハモンド役

●Skye Dakota Turner:
若い頃のアレサ・フランクリン役

●Saycon Sengbloh:
アレサの姉役

●Hailey Kilgore:
アレサの妹役

など。

監督は舞台演出家のリースル・トミー(Liesl Tommy)。リースルはトニー賞の演劇演出賞にノミネートされた初の黒人女性として知られています。脚本は、映画『テルマ&ルイーズ』でアカデミー賞の脚本賞を受賞したカーリー・クーリ(Callie Khouri)が担当します。

この映画では、父の教会でゴスペルを歌っていた子供の頃から、アイコン的なスーパースターになるまでのアレサの人生が描かれる予定です。

『Respect』の米国公開は2020年12月。

以下は以前に公開された映像

ティーザートレーラー映像


ティーザートレーラー映像