HOME > ニュース >

ザ・ストゥージズ オリジナル・ラインナップのラスト・パフォーマンスを収めたライヴ・アルバム発売 1曲試聴可

2020/06/11 08:07掲載
The Stooges / Live At Goose Lake: August 8, 1970
The Stooges / Live At Goose Lake: August 8, 1970
ザ・ストゥージズ(The Stooges)のオリジナル・ラインナップが1970年8月に行ったラスト・パフォーマンスを収めたライヴ・アルバム『Live At Goose Lake: August 8, 1970』が海外で8月7日発売。リリース元はジャック・ホワイト主宰のThird Man Records。

2ndアルバム『Fun House』のリリース1ヵ月後、1970年8月8日に米ミシガン州で開催された<Goose Lake International Music Festival>でのパフォーマンスを収めた作品で、メンバーは、ヴォーカリストのイギー・ポップ(Iggy Pop)、ギタリストのロン・アシュトン(Ron Asheton)、ドラマーのスコット・アシュトン、ベーシストのデイヴ・アレクサンダー。

これまで、ベーシストのアレクサンダーは、このコンサートでは酔っ払って演奏することができなかったため、公演後にイギー・ポップによって解雇されたと言われていましたが、今回発掘されたこのレコーディングで実際にはアレクサンダーはベースを弾いていたことが明らかにされています。プレスリリースによると「いくつかの曲で悲惨な失敗をしており、それが彼の解雇につながったのですが、他の曲ではとてもしっかりしている」とのことです。

今回のリリースは、最近、ミシガン州の農家の地下室で、これまでになかった高品質なサウンドボード録音が特徴の1/4インチのステレオ2トラックテープが見つかったことで実現したもの。ヴァンス・パウエル(The White Stripes, Chris Stapleton)がオーディオを復元し、Third Man Masteringのビル・スキッベがマスタリングを手掛けています。

このアルバムから「T.V. Eye」が聴けます



■『Live At Goose Lake: August 8, 1970』

01 “Intro”
02 “Loose”
03 “Down On The Street”
04 “T.V. Eye”
05 “Dirt”
06 “1970 (I Feel Alright)”
07 “Fun House”
08 “L.A. Blues”