HOME > ニュース >

ポール・マッカートニー ジョージ・フロイドの死去を受けて声明を発表

2020/06/06 12:33掲載(Last Update:2020/06/06 16:09)
Paul McCartney
Paul McCartney
黒人男性ジョージ・フロイドの暴行死に抗議する行動が全米各地で続く中、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)はジョージ・フロイドの死去を受けて声明を発表。ジョージ・フロイドの家族のために正義を求めているとして、人種正義のための抗議活動を支持すると表明しています

「世界中で抗議行動やデモが続く中、多くの人が自分たちに何ができるのか知りたいと思っています。誰もがすべての答えを持っているわけではありませんし、迅速な解決策はありませんが、僕たちは変化を必要としています。どのような形であれ、人種差別を克服するために、僕たちは皆で協力する必要があります。僕たちはもっと学び、もっと聞き、もっと話し、自分自身を教育し、そして何よりも行動を起こす必要があります。

1964年、ビートルズは米国の(南部フロリダ州)ジャクソンビルで演奏することになっていたのですが、僕たちはそれが(白人と黒人を)分離された観客になることを知った。それは間違っていました。「そんなことはしてはいけない!」と言った。僕たちが行ったコンサートは、初めて観客が人種隔離されていないものでした。僕たちは(これ以降)これが契約書にあることを確認しました。僕たちにはそれが常識のように思えました。

僕は、60年近く経った今、警察の人種差別の手でジョージ・フロイドが無意味に殺害されたという恐ろしい光景に、世界中が衝撃を受けていることに、うんざりし、腹を立てています。他にも数え切れないほどの人々がいました。

ここにいる僕たちは皆、この時期に抗議して声を上げているすべての人々を支持し、共に立ちます。僕はジョージ・フロイドの家族のためにも、亡くなったり苦しんでいる人たちのためにも、正義を求めます。何も言わないというのは選択肢ではない。

ラヴ・ポール・マッカートニー

この正義のための戦いで支援すべき重要な組織のいくつかを以下に示します。

Black Lives Matter
https://blacklivesmatter.com

Color Of Change
https://colorofchange.org

NAACP
https://www.naacp.org

Stand Up to Racism
http://www.standuptoracism.org.uk/

Community Justice Exchange
https://www.communityjusticeexchange.org

Campaign Zero
https://www.joincampaignzero.org