HOME > ニュース >

映画音楽の父スタイナーの偉大な功績に迫る Eテレ『ららら♪クラシック』6月5日再放送

2020/05/31 18:29掲載
NHK『ららら♪クラシック「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」』(c)NHK
NHK『ららら♪クラシック「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」』(c)NHK
『風と共に去りぬ』『カサブランカ』『キングコング』など、歴史に残る300もの映画音楽を手がけた作曲家マックス・スタイナーの偉大な功績に迫る。NHK Eテレ『ららら♪クラシック「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」』がアンコール放送決定。6月5日(金)放送。

■『ららら♪クラシック「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」』
初回:NHK Eテレ 2020年2月7日
再放送:NHK Eテレ 2020年6月5日(金) 午後9:00〜午後9:30(30分)

映画音楽の父スタイナーの「風と共に去りぬ」1.ハリウッド映画の黄金期を音で支えた偉大な功績 2.ウィーン華麗な過去とロマン派の影響 3.胸キュン「タラのテーマ」

「風と共に去りぬ」「カサブランカ」「キングコング」など、歴史に残る300もの映画音楽を手がけた作曲家マックス・スタイナー(1888-1971)の偉大な功績に迫る。今では当たり前になった登場人物のテーマ曲やBGMの作曲も、スタイナーがその手法を確立。20世紀のハリウッドで「映画音楽」というジャンルを磨き上げた。19世紀末のウィーンに生まれ、マーラーなどロマン派の巨匠に学んだ華麗な経歴も紹介。

【出演】作曲家…栗山和樹,指揮者…三ツ橋敬子,東京フィルハーモニー交響楽団,【司会】高橋克典,石橋亜紗,【語り】勝生真沙子


【楽曲】
「風と共に去りぬ 〜タラのテーマ〜」
マックス・スタイナー:作曲
栗山和樹:編曲
(指揮)三ツ橋敬子、(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
(5分00秒)
〜NHK CT101スタジオ〜

番組ページ:
https://www.nhk.jp/p/lalala/ts/57LY35Q588/episode/te/5KY2WK42RR/