HOME > ニュース >

キッス/ミートローフ/ルー・リード/W.A.S.P.など ギタリストのボブ・キューリックが死去

2020/05/30 11:18掲載(Last Update:2020/05/30 11:58)
Bob Kulick
Bob Kulick
キッス(KISS)ミートローフ(Meat Loaf)ルー・リード(Lou Reed)W.A.S.P.との仕事で知られるギタリストのボブ・キューリック(Bob Kulick)が死去。彼の実弟ブルース・キューリックがSNSで発表。70歳でした。

ブルースは

「兄ボブ・キューリックの訃報を伝えなければならないことに心を痛めています。彼の音楽への愛、そしてミュージシャンやプロデューサーとしての才能は、常に賞賛されるべきものです。彼は今、私の両親と一緒に、できるだけ大きな音でギターを弾いているだろう。この悲しい時期に、キューリック・ファミリのプライバシーを尊重してください」

と訃報を伝えています。

訃報を受け、キッスはSNSで「悲しみに打ちひしがれている。キューリック家のご家族に 哀悼の意を表します」と追悼コメントを発表しています。

ボブ・キューリックはニューヨークのブルックリン生まれ。本名はロバート・J・キューリック(Robert J. Kulick)。

1972年にキッスのオーディションを受ける。その座はエース・フレーリーが射止めたが、キッスは彼のことを高く評価し、後にキッスのアルバム『Alive II』『Unmasked』『Killers』『Creatures of the Nigh』のレコーディングに参加する。ポール・スタンレー(Paul Stanley)の1978年ソロ・アルバム、1979年のソロ・ツアーにも参加した。

ボブは、ミートローフのツアーバンド、ネバーランド・エクスプレス(Neverland Express)に10年以上参加(1977年〜89年)、1984年にはミートローフのスタジオアルバム『Bad Attitude』のレコーディングにも参加した。

ボブはセッションギタリストとして、ルー・リード、ダイアナ・ロス(Diana Ross)マイケル・ボルトン(Michael Bolton)などのアルバムでも演奏。またプロデューサーとしても活躍し、合計10枚以上のプラチナ、ゴールドレコードを獲得している。2004年には、モーターヘッド(Motörhead)の「Whiplash」をプロデュースし、2004年度のグラミー賞最優秀メタル・パフォーマンス賞を受賞した。

2017年には初のソロ・アルバム『Skeletons In The Closet』をリリースした。